読書三昧(仮免) 禹歩の痛痒アーカイブ

乱読中年、中途と半端を生きる

世阿弥の「花鏡」(かきょう) 各段詞書+主要部分抜き書き

世阿弥
花鏡(かきょう)
1424

日本の芸術論の一頂点を概観する。

 

段落詞書 よみ 主要部分抜き書き
一調二機三聲 いっちょうにきさんせい 調子をば機にこめて、聲を出す
動十分心
動七分心
どうじゅうぶんしんどうしちぶしん 心を十分に動かして身を七分に動かせ
強身動宥足踏
強足踏宥身動
ごうしんどうゆうそくとう
ごうそくとうゆうしんどう
余の、はたらき・物まねにて踏みならふべし
先聞〔後見〕 せんもん〔ごけん〕 先づ聞かせて後に見せよ
先能其物成
去能其態似
まずよくそのものになり
さてよくそのわざをにせよ
その形の内よりすべし
舞聲為根 まいはこえをねとなす 舞は、音聲より出でずは、感あるべからず
時節當感字事 じせつかんにあたること 諸人一同に待ち受くるすなはちに、聲を出すべし
序破急之事 じょはきゅうのこと 貴人の御意によりて仕る能は、次第不動なれば、かねてのあてがひ変るなり
知習道事 しゅどうをしること めづらしきばかりをすれば、又めづからしからず
上手之知感事 じょうずのかんをしること 無心の感を持つ事、天下の名望を得る位なり
浅深之事 せんじんのこと 大の中には小あり。小の中には大なし。
幽玄之入堺事 ゆううげんのさかいにいること 諸道・諸事に於いて、幽玄なるを以て上果とせり
〔劫之入〕
用心之事
〔ごうのいる〕
ようじんのこと
少々と悪しき事の去るを、よき劫とす
萬能綰一心事 ばんのういっしんにつなぐこと 無心の位にて、我心をわれにも隠す安心にて、せぬひまの前後をつなぐべし
妙所之事 みょうしょのこと 「たへなる」と云ぱ、かたちなき姿也。かたちなき所、妙体也。
比判之事 ひはんのこと 目・智相応せば、よき見手なるべし
音習道之事 おんしゅうどうのこと 真名の文字の内を拾いて、てにはの字にて詰め開きて謡うべし
奥段 おくのだん 能を知らんと思はば、先、諸道諸事をうちおきて、当芸ばかりに入ふして、連続に習ひ極めて、劫を積む所にて、おのずから心に浮かぶ時、是を知るべし

日本古典文学大系 『歌論集 能楽論集』西尾實校注から情報を抽出

 

世阿弥
1363 - 1443