読書三昧(仮免) 禹歩の痛痒アーカイブ

乱読中年、中途と半端を生きる

高村薫『空海』(2015)

高村薫空海を取材する必然性があまりよく分からない一冊。密教の身体感覚というところで空海に結び付くのだろうけれど、空海自身の思想が立ち上がってくるわけではなく、行者の一傾向がクローズアップされているような印象があった。

寶壽院は典型的な祈祷寺であり、氏は信者の悩みを出来るだけ的確に察知するために自身の精神修養に励み、加持力・祈祷力を磨いているのだということである。また、修法では同院のご本尊である船不動明王と一体になり、信者の悩みに答えるのは不動明王の代弁だと語る。昨今、尊格の憑依(入我我入)がこんなふうに明快に自覚されているのも珍しいが、同院に熱心な信者が多い理由はこの辺にあるのだろう。
ところでそんな地方寺院の水行を、当の高野山は冷ややかに眺めているようにも感じられたが、高野山の僧侶たちによる、かの庭儀結縁灌頂三昧耶戒の法会の、雲のように湧き上がる読経も、大日如来との入我我入を楽しむ僧侶たちの、ある種のトランス状態の声の集合体ではあろう。かたちこそ違え、なにがしかのこうした変性意識体験なくして密教僧の実存が保てないのは、地方の僧侶も高野山の僧侶も同様なのではないかと思う。(第9章「再び高野へ」p157-158)

生臭い。
まだ科学技術や学問の方が空しく清らかで、清らかで空しい世界を見せてくれている。空海自身はその時代の最新の科学技術と学問を摂取していただろうにと思う。

www.shinchosha.co.jp

高村薫
1953 -
空海
774 - 835