読書三昧(仮免) 禹歩の痛痒アーカイブ

乱読中年、中途と半端を生きる

野口米次郎「破れた笛」(Seen and Unseen 1896『明界と幽界』より)

破れた笛

 底の有るやうな無いやうな陽炎の海は平野に波うつ、一点彩色つけるのは寂しい孤児の草雲雀(くさひばり)が旅する影。
 真昼時太陽は開けるだけ大きく眼を開き、地上に影がない。狂気な一寸ばかりの蝶、位を蹴落とされた天人かも知れないが、あたりを彷徨(さまよ)ひ、サーベルのやう光の間に秘密をお喋べりする乾草の上にその影を投げる。
 思ふに私共の宇宙も影をどこかに投げてゐるであろう……ああだが私の詩の影は?
 若し私の声に最後まで何の反響がないならば、私の破れた喉の笛は二度とはもと通りになるまい。
 
(Seen and Unseen 1896『明界と幽界』より)

野口米次郎
1875 - 1947
 
野口米次郎の詩 再興活動 No.004