読書三昧(仮免) 禹歩の痛痒アーカイブ

乱読中年、中途と半端を生きる

【謡曲を読む】新潮日本古典集成 伊藤正義校注『謡曲集 上』その1

ワキの意識をもって、日本の古典、謡曲を読みすすめてみる。〔名ノリ〕これは諸曲一見の者にて候。

 

【葵上】
六条の御息所の怨霊が妄執の境涯を嘆いたのち聖の加持祈祷によって調伏の後、成仏にいたる劇
怨霊が出てくる場面

われ世にありしいにしへは 雲上(ウンショオ)の花の宴(エン) 春の朝(アシタ)の御遊(ギョイウ)に慣れ 仙洞(セントオ)の紅葉(モミジ)の秋の夜は 月に戯れ色香(イロカ)に染み 花やかなりし身なれども 衰へぬれば朝顔の 日陰待つ間のありさまなり

 

【阿漕】
殺生禁断の罪を犯して阿漕が浦に沈められた漁師(阿漕)の霊の嘆きの劇

ただ罪をのみ もちあみの 波はかへつて 猛火(ミヨオカ)となるぞや あら熱(ア)つや 堪へがたや

 

朝顔
朝顔の精が旅の僧に光源氏への思いを語り、後に仏法に遭い成仏する劇

朝菌(チヨオキン)は晦朔(カイサク)を知らず 蟪蛄(ケイコ)は春秋を期(ゴ)せず かやうにあだなる譬へなれども よしよしそれも厭はじや 厭はじや

 

【安宅】
安宅の関での弁慶と義経、関守の劇

鳴るは滝の水
日は照るとも 絶えずとうたり 絶えずとうたり 疾(ト)く疾く立てや たつかゆみの 心許すな 関守の人びと 暇(イトマ)申して さらばよとて 笈をおつ取り 肩にうち掛け 虎の尾を踏み 毒蛇の口を 逃れたるここちして 陸奥(ムツ)の国へぞ 下りける

 

【安達原】
鬼女と阿闍梨の抗争の劇

胸を焦がす炎 咸陽宮の煙 紛々(フンプン)たり 野風山風吹き落ちて 鳴神稲妻(ナルカミイナズマ)天地に満ちて 空かき曇る雨の夜の 鬼一口に食はんとて 歩み寄る足音 振り上ぐる鉄杖(テツチヨオ)の勢ひ あたりを払つて恐ろしや

 

【海士】
子供のために命を懸けて龍神から宝珠を取り返した母の霊と子供の再会の劇

いやいやさやうのためにてはなし あの水底の月をご覧ずるに 海松布(ミルメ)茂りて障(サワ)りとなれば 刈り除けよとのご諚(ジヨオ)なり 「さては月のため刈り除けよとのご諚かや 昔もさる例(タメシ)あり 明珠(メイシユ)をこの沖にて龍宮へ取られしを 潜(カズ)き上げしもこの浦の
あまみつ月も満ち潮(ジオ)の 海松布(ミルメ)をいざや刈らうよ

 

【蟻通】
紀貫之と蟻通明神の和歌を介しての交流の劇

天地(アメツチ)開け始まつしより 舞歌(ブガ)の道こそ素直なれ いま貫之が 言葉の末(スエ)の いま貫之が言葉の末の 妙(タエ)なる心を 感ずるゆゑに 仮りに姿を見ゆるぞとて 鳥居の笠木に立ち隠れ あれはそれかと見しままにて かき消すやうに失せにけり

 

【井筒】
伊勢物語で語られている紀有常の娘の霊が業平への思いを語る劇

見ればなつかしや われながらなつかしや 亡夫魄霊(ボオフウハクレイ)の姿は しぼめる花の 色無うて(イロノオテ)匂ひ 残りてありはらの 寺の鐘もほのぼのと 明くれば古寺(フルテラ)の 松風(マツカゼ)や芭蕉葉の 夢も破れて覚めにけり 夢は破れ明けにけり

 

【鵜飼】
殺生禁断を犯して処刑され嘆き苦しむ鵜使いの霊が旅僧の法華経の経文の力で成仏にいたる劇

面白のありさまや 底にも見ゆる篝り火に 驚く魚(ウオ)を追ひ廻し 潜(カズ)き上げ掬ひ上げ 隙(ヒマ)なく魚(ウオ)を食ふときは 罪も報ひも後(ノチ)の世も 忘れ果てて面白や

 

【浮舟】
源氏物語浮舟の霊の妄執と回向による救済の劇

あさましやもとよりわれは浮舟の よるかた分かで漂ふ世に うき名洩れんと思ひ侘び この世になくもならばやと 明け暮れ思ひ煩ひて 人みな寝たりしに 妻戸を放ち出でたれば 風烈しう川波荒う聞こえしに 知らぬ男の寄り来つつ 誘(イザナ)ひ行くと思ひしより 心も空(ソラ)になり果てて

まずは10作品。意外とボリュームがある。 

www.shinchosha.co.jp

伊藤正義
1930 -2009