読書三昧(仮免) 禹歩の痛痒アーカイブ

乱読中年、中途と半端を生きる

『ドレの失楽園』(原作:ジョン・ミルトン、翻案:谷口英里也、挿画:ギュスターヴ・ドレ 宝島社 2010)

創造神による独裁的な統治に反乱を企てた革命戦士としての堕天使ルチフェルを描いたミルトンの『失楽園』を更に翻案しドレの挿画とともに谷口英里也が新たな息吹を吹き込んだ作品。原作と翻案作品とのあいだにどれほどの差があるのかは改めて比較してみないとわからないというのが正直なところだが、今回谷口英里也の翻案作品を読んだ印象だと、キリスト教的にはすこぶる異端の香りの高い作品であり、その点が劇的に強調されているような気がする。神に対する反逆を美的に描いているところは素人目にも正統の教義から許される範囲をだいぶ超えている。また、日本的な情緒優位の描き方にもなっているようで、スペクタクル感が強い。永井豪の漫画を読んでいるような雰囲気もある。ドレの挿画の壮麗さも魅力的で、文章からも映像からも原作を確かめたくなるような誘惑の力を持った作品であると思った。

tkj.jp

【付箋箇所】
27, 49, 75, 98, 115, 131, 143, 144, 155, 167, 227, 243, 271, 278, 313, 316

目次:
プロローグ
第一幕 大魔神(デビル)
第二幕 超深淵(アビスモ)からの脱出
第三幕 超宙空(バシオン)での対話
第四幕 楽園(エデン)
第五幕 エバの夢と天使の出現
第六幕 天使軍の戦闘
第七幕 天地の創造
第八幕 楽園の午後
第九幕 アダムとエバ
第十幕 地球と超深淵
第十一幕 大天使ミカエルの話
第十二幕 神々たちの願い
あとがき


ジョン・ミルトン
1608 - 1674
谷口英里也
1948 - 
ギュスターヴ・ドレ
1832 - 1883
    

D・W・ライト編『アメリカ現代詩101人集』(思潮社 2000)『ニューヨーク現代詩36人集』(思潮社 2022)

「ビートの父」として知られる1905年生まれのレクスロスから上海から移住して英語で詩を書く1957年生まれのワン・ピンまで、20世紀のアメリカの特徴的な詩人を集めて、アメリカ現代詩の動向を概観できるようにしたアンソロジーアメリカ現代詩101人集』と、その続編で20世紀後半から21世紀にかけてニューヨークで活動した比較的名の知られていない新しい詩人の紹介となる『ニューヨーク現代詩36人集』の二作。質量ともに『アメリカ現代詩101人集』のほうが圧倒的に重いのは、ポストモダン以前のモダンの空気感と既成のものに対する抵抗運動の激しさによるところが大きい。
『ニューヨーク現代詩36人集』で目を惹いたのは、1979年生まれで高校生詩人として出現したナターシャ・ル・ベルの「オンナをハコ詰めにする」くらいのもので、それと比べれば『アメリカ現代詩101人集』にはビックネームが並んでいるなかにマイナーではあるが優れた詩人の詩作品がちりばめられていて、再確認と新発見がいいバランスで起こる充実のつくりになっている。
グェンドリン・ブルックス、ウィリアム・ブロンク、フィリッ・ホエーレン、ボブ・コフマン、アン・セクストン、アドリエンヌ・リッチエスリッジ・ナイト、クレイトン・エシュルマンなど新しく興味をひかれる詩人もいれば、「レモネード」のレイモンド・カーヴァーシルヴィア・プラスゲーリー・スナイダーなど改めて読み返してみたくなった詩人たちもいた。
海外詩のアンソロジーは今の時代なかなかお目にかかることはできないものになってしまったが、たまに読んでみると、個人の詩集を読むときとは違った感覚、時代や地域の佇まいを感じ取ることができてなかなかいいものである。

www.shichosha.co.jp


デイヴィッド・ウォルトン・ライト
1957 - 
江田孝
1956 - 
沢崎順之介
1931 - 2021
森邦夫
1947 - 
    

『ドレの旧約聖書』『ドレの新約聖書』(訳構成:谷口英里也、挿画:ギュスターヴ・ドレ 宝島社 2010)

旧約聖書の挿画が155点、新約聖書の挿画が78点。いずれも精緻な木口木版画作品で、聖書の世界に見るものを引き込まずにはおかない傑作ぞろい。「古典文学の世界を、自らが描いた圧倒的な量の画像で視覚的に物語る」というドレが掲げた一大目標のうちでも聖書の挿画作成はおそらく特別なものであったろう。原画はA4サイズ程度の小さなものであるはずなのに、そこに描き込まれた世界は広大で、多くの人びとの生命があふれるように描かれている。描かれる対象の崇高さとあいまって、繰り返し見ること要請する力強さと繊細さが画面を満たしている。谷口英里也による聖書の要約構成文も妥当なもので、ドレの版画とともに旧新両約聖書の世界をその世界観の違いと連続性を理解しやすく提供してくれている。
旧約の方では宮殿や神殿の描写と戦闘における群像の描写の緻密さと対象それぞれの描き分けの技巧の見事さに感心し、新約の方ではイエスの崇高なたたずまいと逮捕され十字架に磔にされるまでの嘆きのうちにある虚ろな姿に心打たれる。
短時間のうちに聖書全体を見通せる作品を提供しているところにドレと谷口英里也の仕事の素晴らしさがある。とくにドレの絵は隅々にまで神経が行き届いていて、情報量が圧倒的で、よく印象に残ってくれる。小さな版画のうちに聖書に描かれた場面を、資料と想像力とから生き生きと描きあげていることには感心するほかない。衣服や装飾、装備、風土を一目で伝える技術と考証の素晴らしさに触れてみることに損はない。時間的にも金銭的にも圧倒的にコストパフォーマンスの高い聖書関連出版物なのではないかと思う。

tkj.jp

tkj.jp


谷口英里也
1948 - 
ギュスターヴ・ドレ
1832 - 1883
    

参考:

uho360.hatenablog.com

見田宗介『宮沢賢治 ― 存在の祭りの中へ』(岩波書店 20世紀思想家文庫12 1984, 岩波現代文庫 2001)

本当の修羅は修羅でない者にむかってことばを投げつけずにはいられないものなのだろう。

だから、多作が可能であり、際限のない推敲が可能となるのだろう。

50歳を過ぎてようやく納得できたのは、私自身は修羅ではないということ。

その差を確認するための導き手となってくれただけでも、本書は私にとっては意味のある一冊であることは間違いない。

「おれはひとりの修羅なのだ」

詩人の叫びに点火され、心ふるえてしまうことは致し方ないところではあるが、自分が修羅であるかどうかはわからない。

修羅に憧れる餓鬼でしかない可能性も高い。

入力も出力も業としている人と違う世界に属していれば、同じことができないのは当たり前のことなのだ。

そこをどうにかしたいと思いつづけてしまうのが厄介なところである。

宮沢賢治が非難されることを承知の上で回避しようとした世間一般の生活を選びながら、世間一般の論理を超えるものに触れようとしてもチャレンジすることさえ難しいはずなのだが、宮沢賢治の作品は個人のものでしかない試行錯誤を共有できるように形を整えてくれている。

どうしてそのようなことができるのかはよく分からない。生来の言語感覚と育った環境によるものには違いないけれども、どこか異次元に属しているような表現の様相は、じっと見つめて染まっていくほかないような気がする。

塚本邦雄は短歌表現の才能において宮沢賢治石川啄木にはるかに勝っていると言っていたことがあった。短歌だけでなく、詩も童話も、表現すべてにおいて、宮沢賢治宮沢賢治でしかない領域に達していたのだと思う。苦悩しながら、苦悩の表現自体が楽園を創造してしまっているところが、作家でしかありえなかった宮沢賢治の真骨頂なのだろう。

読者は、まずは虚心に読むほかはない。そんなことを改めて教えてくれるのが本書の宮沢賢治研究であった。

詩や童話からの引用が多く、宮沢賢治の作品世界にスムーズにしかも広範に導いてくれているところがすばらしい。

特に、短歌作品の引用が多いのが特徴で、ジャンルを超えた表現能力の高さを確認させてくれる。

サイプレスいかりはもえてあまぐものうずまきをさへやかんとすなり

雲の渦のわめきのなかに湧きいでゝいらだちもゆるサイプレスかも

ゴッホの燃え上がる糸杉の絵に触発されて詠まれた短歌は、漢字かなカタカナ交じりの日本語表現の妖しさを生かし、音韻的にも鋭いi音と籠ったu音のバランスが印象的で、見事なイメージにまとめあげている。

宮沢賢治は1896年生まれ。アントナン・アルトーも同年1896年生まれ。アルトーは残酷を表現しようとし、宮沢賢治はしあわせを表現しようとした。一見対極にあるように見えはするが、世間一般の論理を超える世界の別の様相に到り、それを解放しようとする方向性を追求したことにおいては、両者は一致したところがあると思う。アルトーの残酷と宮沢賢治のしあわせはそう遠いものではない。

見田宗介宮沢賢治とカルロス・カスタネダを重ね合わせて論じている。

www.iwanami.co.jp

【付箋箇所(単行本)】
45, 55, 75, 78, 79, 85, 131, 161, 168, 187, 193, 196, 198, 199, 205, 218, 225, 230, 262

目次:
序章 銀河と鉄道
 りんごの中を走る汽車―反転について
 標本と模型―時空について
 銀河の鉄道―媒体について
 『銀河鉄道の夜』の構造―宮沢賢治の四つの象限
第1章 自我という罪
 黒い男と黒い雲―自我はひとつの現象である
 眼の赤い鷺―自我はひとつの関係である
 家の業―自我はひとつの矛盾である
 修羅―明晰な倫理
第2章 焼身幻想
 ZYPRESSENつきぬけるもの―世界にたいして垂直に立つ
 よだかの星とさそりの火―存在のカタルシス
 マジェラン星雲―さそりの火はなにを照らすのか
 梢の鳴る場所―自己犠牲の彼方
第3章 存在の祭りの中へ
 修羅と春―存在という新鮮な奇蹟
 向うの祭り―自我の口笛
 《にんげんの壊れるとき》―ナワールとトナール
 銀河という自己―いちめんの人生
第4章 舞い下りる翼
 法華経国柱会・農学校・地人協会―詩のかなたの詩へ
 百万疋のねずみたち―生活の鑢/生活の罠
 十一月三日の手帳―装備目録
 マグノリアの谷―現在が永遠である

宮沢賢治
1896 - 1933
見田宗介真木悠介
1937 - 2022
    

参考:

uho360.hatenablog.com

uho360.hatenablog.com

ルイーズ・グリュック『野生のアイリス』(原著 1992, 野中美峰訳 KADOKAWA 2021)

2020年のノーベル文学賞受賞作家の第六詩集。本作にてピューリッツァー賞詩部門を受賞、詩人の著作の中では最も読者層に受け入られた詩集でもある。

花咲き実を結ぶ植物と、その植物との出会いの場となる小さな庭園を主要なモチーフに、自身の揺らぎ続ける感情を言語化して消化し、鎮静化するとともに、外界に向けて昇華を願いつつ、精神の傷の諸相を明らかにしている。

詩集は、植物や庭から詩人へ、詩人から神へ、神から詩人が属する人間へ、それぞれがそれぞれに届くことのない聞こえない言葉で話しかけるモノローグの集成として成立していて、そのモノローグの発信者は、それぞれがそれぞれの立場からこう宣言する、「わたしが野を形成するのよ I will constitute the field」。

植物たちの自然の層と、人間たちの活動の層と、造物主たる唯一神の層、三種の層のことばが詩人によって仮構され、直接交わらないまま重ね合わせられ、重層化された世界がたち現れてくるようになっている。個々のことばの塊は強くトゲのあるものがほとんどだが、詩集全体の味わいは複雑かつ繊細で、多声の響きが高く低くこだましていて、発せられつづけるいくつもの発話の層の印象があざやかに残る。

読者は詩のなかではしゃべることのない太陽や月もしくは地球のような立場で、その場に居合わせることのできた光や大気として、複数のことばの存在をじっくり感じとり、再生させることが可能で、そこに何度も読み返すことの喜びが生まれてくる。ひとつの瞬間に垣間見える永遠の相に、読み返すたびに異なる箇所で、かすかに触れたと感じんことができるのが本書のよいところだと思う。

著者ルイーズ・グリュックは、学生時代に拒食症を患い、本作成立過程においても鬱病と境を接しながらの活動をしていたと思われるが、高度な批評性に裏付けられた硬質なことばの選択に業と救いがどうじに感じられる見事な達成をなしとげている。

本書は対訳本で原文も読める。英語だとIとyouが実際に誰を指しているのか文脈から読み取ることが必要であり、読み間違えることも多くあるのではないかと思うが、日本語では翻訳者の解釈とともにはじめから訳し分けられているので、詩集としての構成はより読み取りやすくなっていると思う。ただ、日本語の、「あなた」「あなたたち」と「お前」「お前たち」の表現の差は大きく、英語でyouの一語で機能的に指示されている対象のイメージとは印象が違うのだろうなという印象も持った。

 

www.kadokawa.co.jp


ルイーズ・グリュック
1943 - 
野中美峰
1920 - 
    

監修:宇野邦一+鈴木創士、訳:管啓次郎+大原宣久『アルトー後期集成Ⅱ 手先と責苦』(河出書房新社 2016)

明晰と錯乱の混淆した類いまれな作品。アルトーが生前に構想していた最後の作品は、長期間におよぶ精神病院収用の最後の数年間に書かれた書簡と詩的断章からなるもので、妄想と呪詛が現実世界に対して牙をむいている。全集編者による推奨の短文に「アルトーのすべての作品のうち、もっとも電撃的であり、彼自身がもっともさらされた作品」とあるように、もっとも近寄りがたく救いのない凶暴な狂気性が全篇にわたって展開されている。特に書簡に見られる妄想と個人的非難の数々は、実際に受け取った人物が困惑するほかないであろうもので、直接の交流は勘弁願いたいと思わせるに十分なものである。しかしながら、その妄想と呪詛のなかに、凡庸ならざる認識と、取り澄ました世の中に揺さぶりをかける突出した生の負の強度が含まれているところが、多くの人を惹きつけているということもまたよくわかる。なかでもアルトーによる詩人の評価に関しては首肯できるものが多く、殊にロートレアモン読解の短文「ロートレアモンについての手紙」はすばらしく、似通った魂の持ち主であるところから、あざやかにロートレアモン=イジドール・デュカス像を描きあげている。また、かつて磔にあったキリストであるという共通した妄想を持ったニーチェについての言及は多くはないが、アルトーの狂気とニーチェの狂気の親和性も折々感じさせるところがあった。

ジェラール・ド・ネルヴァルエドガー・ポー、ボードレールロートレアモンニーチェアルチュール・ランボーは、怒り、病、絶望、あるいは貧困によって死んだのではなく、人がかれらを殺したいと願ったから死んだ。――そして彼らのことを気にくわない連中だと考えたばか者どもの神聖ぶった一群が、あるとき一丸となって、かれらに敵対したのです。
アンドレ・ブルトンへの手紙 パリ、1946.6.2 より)

アルトーの『ヴァン・ゴッホー社会による自殺者』が刊行されたのは1947年で、ゴッホについても上記引用にあげられた詩人たちと同様の想いから書きあげられていたことを、本書を読みながら思い返していた。もちろんアルトー自身も、これら悲劇的芸術家に並んで見劣りすることのない傑出した人物であることは間違いない。

www.kawade.co.jp


目次:
手先と責苦
 断片化
 書簡
 言礫

アントナン・アルトー
1896 - 1948
    

アウグスティヌス『神の国 (三)』(服部英次郎・藤本雄三訳 岩波文庫 1983)

アウグスティヌス神の国』第三分冊、第11巻から第14巻を収める。

古代の終焉と中世の端緒の時代に多大なる影響力を持ったアウグスティヌスの世界観は、21世紀の現代の私たちの感覚とは異なる。
異なっているがゆえに、参考になることもおおいにある。

彼の神学において明白なことが、我々の世代のキリスト教徒以外にも遍く受容され且つ批判もされている凡庸な宗教的見解と、異なる位相を持っているのであろうことが、なんとなく伝わってくる。

近代科学や進化論のはるか以前の、厳密に構成された決定論的世界観のもとでの、自由と平等、労働と分配、愛と交友からの離脱反目が、暗黙裡に俎上にあげられ、逐一検討されているという印象が強く浮き上がってくる。

人の領域と、天使の領域と、神の領域が、基本的に神の領域における救いの必然性から考察され、こぼれ落ちた者に対しても、非難しつつ、同じ過ちから迷えるものを救おうとする姿勢が強く打ち出されてもいる。

人間の過剰な動物性を、霊的なものに繋ぎとめ、或いは霊的なものに転換する道筋を、大枠で示すことに焦点をおいて、あるべき「神の国」と、避けるべきではあるが陥りやすい「地の国」との二層に分割して描きあげているのが、『神の国』第11巻から第14巻の特徴である。

さて、アウグスティヌスキリスト教的「神」とは関わりのないところで生きる人にとっての「神の国」とは何か? 

それはアウグスティヌスにとっては関わりのない領域ではあろう。ただ、本書を読んだ限りでは、自己愛を超えるところの愛の対象に、純粋に帰依することができた時に、「神の国」に参入できている可能性はきわめて高い、というように読み取れる。

 

以上、初読での感想メモでした。

 

www.iwanami.co.jp

ja.wikipedia.org

 

【付箋箇所】
29, 46, 67, 70, 76, 94, 100, 111, 229, 255, 260, 278, 308, 324, 355, 362


アウグスティヌス
354 - 430 
服部英次郎
1905 - 1986
藤本雄三
1936 -