読書三昧(仮免) 禹歩の痛痒アーカイブ

乱読中年、中途と半端を生きる

イヴ・ボヌフォワ『ジャコメッティ作品集 ―彫刻・絵画・オブジェ・デッサン・石版画―』(原著 1991, 訳:清水茂 リブロポート 1993 本体37500円)

20世紀のフランスを代表する詩人のひとりイヴ・ボヌフォアの重厚なテクストとともにアルベルト・ジャコメッティの生涯と創作の軌跡をたどることができる充実した作品集。

本書は20年ほど前に池袋西武の三省堂美術洋書コーナーにて9000円くらいで購入して所有している英訳本(2001年刊)の日本語訳版。値段が高いのは日本語という言語の領域の狭さ故仕方ないことだが、翻訳時期の早さという点では目を見張るものがある。2024年現在、出版社リブロポートは存在せず、日本語版は新刊書店では手に入らない書籍に属するとはいえ、ボヌフォアとジャコメッティの組み合わせによる書物の存在がほとんど知られていないということはかなり惜しい。私自身も本書を手に取るまでは、ボヌフォアのテキストはきちんと読もうとはせず、ジャコメッティの作品の図版ばかり眺めているような状態であったが、多言語に翻訳されているくらいのテクストは、やはり読んでおいて損はないと、今回あらためて思った。ざっと比較して見たところページ構成も同一であるので、日本語版と英語版を比べて読みかつ鑑賞することも可能であるようなので、今後とても助かりそうである。

イヴ・ボヌフォアの詩人としての名声・実力については日本語版であれば清水茂の訳者あとがきに『光なしに在ったもの』のなかの一篇「別れ」全55行が訳されているのでそれを見ていただきたい。この詩篇を読むだけでも、分厚く重たい本書をとりあえず手に取ってみた甲斐があると思えるだろう。清水茂の丁寧な案内があるにもかかわらず、ボヌフォアの詩は、ジャコメッティの芸術家としての生涯を描く本篇テクストどう切り結んでいるのか、すぐには腑に落ちる答えがでてこない詩人独自の世界を表現しているものではあるように思うのだが、ジュネやサルトルなどの言語を活動の領域とする巨人たちが等しく興味を持った芸術家の特異性については似たような反応を示しているのだろうという感触は受けとった。

左右二段組みで本篇全573ページ。文庫本にしたら全四巻くらいのボリュームになるであろうけれども、なによりも大きめの図版でジャコメッティの生涯の作品を基本的に制作年度順に追っていけるところがうれしい。図版のみでかなりしっかりとジャコメッティの創作の特徴に触れることが可能で、その独自性に撃たれて創作者の世界観から長く逃れられなくなることは間違いない。

絵画や彫刻の標準的表現の枠組みを保留して、全身で知覚する状態での見えるがままを再現しようとする苦闘。印象派からキュビズムシュルレアリスムなどの表現を経て独自の具象表現にいたる過程はジャコメッティ独特のものがあり興味深い。つねに新しい知覚と都度都度の印象と感覚的な統合表現としての出力定着。見るもの見られるものからのそれぞれの張力・生命力が、表現としての把捉の固定を許さないところに無限からの表現者への告発があるのだろう。その告発に忠実な芸術家の典型としてのジャコメッティが浮かび上がる。

 


【目次】
第1章 暗い石
第2章 ジョヴァンニのアトリエで
第3章 イタリアの旅
第4章 当代の修業
第5章 アヴァンギャルドとの出会い
第6章 シュールレアリスムの時代
第7章 現存の綜合
第8章 決断の年どし
第9章 大作
第10章 光の体験

【付箋箇所 右a, 左b】
19, 27, 43, 48b, 49b, 53b, 58b, 62b, 71b, 73a, 74, 75, 88b, 102b, 105b, 173a, 175b, 181b, 185b, 191a, 197b, 204a, 206a, 209a, 212a, 222b, 238b, 244a, 262, 264a, 268a, 272b, 273, 276a, 294, 306, 310, 312a, 331, 339, 342, 353a, 355, 356, 357, 362, 367, 371a, 387, 392a, 393a, 407, 416, 422, 430, 432b, 440, 442b, 445a, 447a, 448b, 449, 441-461カロリーヌ,464a, 467, 468, 469a, 484b, 488, 492b, 503a, 508, 509a, 510, 512, 514b, 515b, 529, 530, 550, 552a, 554b, 556b, 557, 559a, 562a, 563, 

アルベルト・ジャコメッティ
1901 - 1966

ja.wikipedia.org

イヴ・ボヌフォワ
1923 - 2016

ja.wikipedia.org

ジョバンニ・ジャコメッティ
1868 -  1933

ja.wikipedia.org

清水茂
1932 - 2020

ja.wikipedia.org

 

矢内原伊作『完本 ジャコメッティ手帖 Ⅰ』『完本 ジャコメッティ手帖 Ⅱ』(みすず書房 2010)

矢内原伊作ジャコメッティに出会いはじめてモデルとなった1955年から最後にモデルをつとめた1961年までの手帖を編集したジャコメッティ晩年の創作現場を身近にうかがえる貴重な資料集。日々繰り返されるジャコメッティの感覚と思考の基本的な動きが濃密に感じ取れる、現場にいた者のみが伝えられるドキュメント。弟ディエゴと妻アネットに加えて、晩年の決定的作品のモデルとなった矢内原伊作と娼婦で愛人のカロリーヌが織りなす人間模様も興味深い。脚色していないのに手帖に記されたメモの堆積から読み取れるのは小説のような緊密で特異な人間関係。書き留められていることは毎日ほぼ同じことなのに読み飽きないというのは不思議な経験で、無限の実践に挑む芸術家ジャコメッティにモデルでかつ観察者でもあった矢内原伊作が魅入られたのと同じように、単なる読者である私もまた当然のように目を離すことができなくなっていた。芸術の側にいるジャコメッティや矢内原とともに、生活の側に重心を置いて立っているアネットの不安定な姿を伝えているところも、コントラストが強くて印象深い。

また、アトリエ内のモデルと作家のあいだに生まれる緊張のほか、アトリエ内外でジャコメッティと交差する当時のフランス文化界を彩る綺羅星たちの姿が書き留められているところも本書の魅力となっている。トリスタン・ツァラ、ミシェル・レリス、ジャン・ジュネ、サミュエル・ベケットサルトルボーボワール、アンリ・ミショー、イヴ・ボヌフォア、ジャック・デュパン。創作にかかわる芸術論のなかで出てくる、セザンヌマティス、ビュフェ、バルテュスレンブラントゴヤ、コロー、シャルダン、チマブーエ、ピカソ、ブラック、ファン・エイクなど。パリのカフェでは大物たちの実物の姿や作品の印象が日常的に交差しているところが新鮮で、通り過ぎるだけの者たちさえ飽きさせない。

目を離すことのできない創造と破壊の過酷で美しい現場が臨場感あふれる筆致で残された貴重なメモ。矢内原伊作の親友であろう宇佐見英治が企画して、宇佐見の弟子筋の人々が20年近い年月をかけて整理した、貴重な資料集。

カタカナ漢字混じり文のなかにフランス語(主に単語で訳付き)がまじるなかなか見なれない文体ではあるが意外とスグに慣れるので読むスピードはほとんど落ちない。初見の印象で畏れて引き下がる必要はまったくない。分量も多いが、基本的に創作現場の奇矯ではあるが単調な作業の積み重ねの記述であるので、全篇読み通し読み終えることに積極的な意味はあまりなく、達成感もあまりなくフェードアウトするものなので、気楽に読みはじめるのがいいかと思う(中身のジャコメッティと矢内原はいつでも濃いけれど、そういう人の日常に触れるための公開資料である)。

 

www.msz.co.jp

www.msz.co.jp


【目次】
Ⅰ.

手帖1959年  
7月31日—9月2日[内輪の者になったヤナイハラ]
9月3日—22日[皇帝になったヤナイハラ——モニュメンタルな肖像画

手帖1960年
8月5日—26日[彫刻と絵画]
8月27日—9月15日[よく見ることの手段としての絵画]
9月16日—24日[彫刻化する絵画]

手帖1961年
7月23日—8月2日[スタンパ訪問とアネットの告白]
8月8日—28日[絵画による彫刻の探究]
8月29日—9月15日[彫刻になったヴィジョン]

Ⅱ.
手帖1959年  
7月31日—9月2日[内輪の者になったヤナイハラ]
9月3日—22日[皇帝になったヤナイハラ——モニュメンタルな肖像画

手帖1960年
8月5日—26日[彫刻と絵画]
8月27日—9月15日[よく見ることの手段としての絵画]
9月16日—24日[彫刻化する絵画]

手帖1961年
7月23日—8月2日[スタンパ訪問とアネットの告白]
8月8日—28日[絵画による彫刻の探究]
8月29日—9月15日[彫刻になったヴィジョン]

【付箋箇所】
Ⅰ.
43, 87, 88, 90, 91, 110, 111, 114, 145, 147, 162, 186, 194, 196, 201, 202, 203, 204, 214, 215, 226, 227, 245, 265, 267, 276, 282,  287, 292, 298, 299, 303, 334, 340, 344

Ⅱ.
123,  133, 139, 141,  153,  155,  160,  171,  189, 192,  194, 199,  213, 221, 222,   223,  224,  230, 238, 241, 271,  278,  288, 311, 377, 388

アルベルト・ジャコメッティ
1901 - 1966

ja.wikipedia.org

矢内原伊作
1918 - 1989

ja.wikipedia.org

 

矢内原伊作+宇佐見英治『対談 ジャコメッティについて』(用美社 1983)

日本で最初期にジャコメッティに注目し、それぞれ渡仏しジャコメッティ自身と深い交流を持ったふたりの文学者による対談。1980年に日本で開催された「ジャコメッティ版画展」の最終日におこなわれた公開対談をベースに、出版を念頭において改めておこなわれた二日間にわたる対談をおさめている。また長くジャコメッティのモデルをつとめた矢内原伊作が芸術家のアトリエで撮った写真を数多くおさめている。

見えるものを見えるとおりに、視覚とそれがもたらしたイメージそのものを絵画や彫刻の約束事を超えて表現しようとしたジャコメッティの特異さ、孤高の志向性が、創作現場のごく身近なところで見た優れた鑑賞者の立場から語られている。ジャコメッティの生の言葉が直接取り上げられているわけではないので、ジャコメッティの偏執狂的ともいえる強烈な創作活動については特段強調されてはおらず、興味を持つのに抵抗は生まれないような紹介になっていると思う。

西洋絵画の歴史のなかで表現に関しての徹底した探究を行った人物として、セザンヌを受け止めさらに徹底していったジャコメッティというラインを指摘しているところにも、ジャコメッティの創作への力強い導入が込められている。


【付箋箇所】
35, 37, 43, 53,  70, 91, 93, 96,  99, 132, 133, 137, 141, 

アルベルト・ジャコメッティ
1901 - 1966

ja.wikipedia.org

矢内原伊作
1918 - 1989

ja.wikipedia.org

宇佐見英治
1918 - 2002

ja.wikipedia.org

 

立木康介『ラカン 主体の精神分析論』(講談社選書メチエ シリーズ極限の思想 2023)

ラカンが最も多く参照する哲学者であるアリストテレスにおける「原因」と「偶然」の概念から、ラカン精神分析がいかなる部分を継承し、さらに超えていったかを、主体の構造という観点から説いた一冊。著者のフランス語の学位論文をベースに翻訳再編集した本書は、おもにラカンセミネールⅩ『不安』とⅩⅠ『精神分析の四基本概念』での思考を扱っており、欲望の原因であるところの対象aと主体成立の枠組みを中心に展開されている。

序章に記された「ラカンにとって、シニフィアンは自律的な構造(および法)をもつが、シニフィエはそのシニフィアンの連接の「効果」にすぎない」というところから、本篇終結部での「対象aは、現実界とのあいだに私たちがもつ絆の固有名なのである」まで、質量がもたらす亀裂を、主として言語という物質の側面から、アリストテレス、アウグスチヌス、ヒューム、カント、ラッセル、ウィトゲンシュタインハイデガーの説と比較しながら哲学的に検討していくところは、ラカンセミネール自体を読むよりも整理されていてより理解しやすくなっている。そして、ラカンばかりでなくアリストテレスやほかの哲学者への案内になっているところが気が利いている。精神分析に関心をもって入る者と哲学に関心をもって入る者と両方に対応しているところは間口が広くて好ましいと私は思った。

bookclub.kodansha.co.jp

【目次】
序 章 精神分析ラカンの軌跡
第1部 アリストテレスにおける「原因」
 第一章 四つの原因
 第二章 アウトマトンとテュケー
 第三章 質料と偶然
第2部 ラカンにおける原因と対象
 第一章シニフィアン因果性の三平面
 第二章ラカンにおけるテュケー
 第三章 原因としての真理、対象の機能

【付箋箇所】
16, 44, 54, 73, 81, 86, 98, 106, 110, 115, 148, 154, 156, 168, 191, 195, 213, 223, 229, 251, 278, 280, 281, 282, 285, 292, 298, 307, 312, 320, 323, 326, 332, 351, 352, 354, 355, 365, 367, 370, 375, 381, 383, 387, 392, 397, 

ジャック・ラカン
1901 - 1981

ja.wikipedia.org

立木康介
1968 - 

ja.wikipedia.org

 

ジャック=アラン・ミレール編 ジャック・ラカン『不安』(セミネール第十 1962-1963 原著 2004, 岩波書店 2017 上下全二巻)

およそ二年ぶりくらいの再読。ほとんど忘れているが前回と比べて違うところに気がひかれているという感触もあり頭から通読した。借り物だと意図せず再読することもあるので、そこは流れに任せている。

不安は裏切らない、騙さない。他なるものの脅威としてあらわれるものであるから。精神分析は幼児期の人間の観察と分析からなされているので、人間という種のメカニズムをドライに教えてくれるところがあるのも良い。

子供は、呼吸をしなくてはならない世界に現れることで、まず文字通り窒息させられ、息を詰まらせるのです。これがトラウマと呼んできたものです。他にトラウマというものはありません。出産時トラウマ、そこでは母との分離が問題なのではなく、本質的に〈他〉なる環境において、自力で息を吸わなければならないことこそが問題なのです。

【付箋箇所】
前回(2022/04/11、一冊前は千葉雅也『現代思想入門』、一冊後はジャック・ラカン『二人であることの病い パラノイアと言語』
上巻:
6, 20, 55, 62, 81, 97, 117, 119, 125, 132, 178, 180, 181, 182, 192, 194, 197, 203, 210, 233, 234
下巻:
8, 25, 30, 54, 57, 58, 94, 99, 103, 104, 109, 118, 131, 132, 166, 167, 179, 188, 189, 204, 208, 216, 220, 235, 244, 250, 269, 272, 274

今回(2024/02/18、一冊前はジョルジョ・アガンベン『言葉と死 否定性の場所に関するゼミナール』、一冊後は立木康介ラカン 主体の精神分析論』の予定)
上巻:
20, 51, 62, 67, 70, 76, 91, 112, 121, 125, 156, 158, 198, 207, 230, 232
下巻:
8, 106, 107, 108, 109, 132, 152, 166, 178, 180, 190, 191, 193, 199, 201, 207, 220, 223, 230, 234, 236, 241, 262, 264, 265, 266, 270, 272, 273, 274, 275, 277, 278, 280

 

www.iwanami.co.jp

www.iwanami.co.jp


目次:

【上巻】
不安の構造への導入
Ⅰ シニフィアンの網の中の不安
Ⅱ 不安、欲望の記号
Ⅲ 宇宙から「不気味なもの」へ
Ⅳ 去勢不安の向こう側
Ⅴ 騙すもの
Ⅵ 騙さないもの

対象の境位、再考
Ⅶ それをもたないではない
Ⅷ 欲望の原因
Ⅸ 行為への移行と「アクティング・アウト」――身を投げること、そして舞台に登ること
Ⅹ 還元不能の欠如からシニフィアン
XI 欲望に句読点を打つこと

【下巻】
不安 享楽と欲望の間
XII  不安、現実的なものの信号 
XIII 愛に関するアフォリズム 
XIV  女、より真実の、そしてより現実的なもの
XV  雄の要件

対象aの五つの形
XVI  仏陀の瞼
XVII 口と眼
XVIII ヤーヴェの声
XIX  消えゆくファルス――去勢不安からオルガスムスへ
XX  耳から入るもの
XXI ピアジェの水栓
XXII 肛門的なものから理想へ
XXIII 点に還元できない円について
XXIV aからいくつかの〈父の名〉へ 

ジャック・ラカン
1901 - 1981

ja.wikipedia.or

 

参考:

uho360.hatenablog.com

ジョルジョ・アガンベン『言葉と死 否定性の場所に関するゼミナール』(原著 1982, 訳:上村忠男 筑摩書房 2009)

言語の核心にある否定性、空隙、空無、未決定、無底について、ハイデガー存在と時間』の「ダーザイン」の「ダー(そこ)」と、ヘーゲル精神現象学』の「このもの」から、代名詞の指示作用、「意味内容をもたない空虚な記号」としての性格から考察している濃密な一冊。本書を読むことで、不安定な位置にある「わたし」や「あなた」について大きな気づきが得られることが期待できる。

わたしたちは言葉を発するとき、思考することを、言葉を未決定の状態にとどめたままにしておくことをせずにはいられないのだ。思考とは声が言語活動のなかで未決定の状態にあることの謂いにほかならない。

セミの声やロバの声と同じようには人間の声は存在しないと言われるているが、笑い声や鳴き声や叫び声や唸り声なんかはどうなのだろうと思うことは本書に促されたひとつの言語の未決定状態なのだろう。

www.chikumashobo.co.jp


【付箋箇所】
20, 25, 36, 46, 67, 72, 92, 96, 97, 104, 108, 112, 119, 123, 131, 135, 142, 143, 160, 181, 186, 188, 193, 203, 215, 216, 224, 244, 248, 268

ジョルジョ・アガンベン
1942 - 

ja.wikipedia.org

上村忠男
1941 - 

ja.wikipedia.org

 

ジョルジョ・アガンベン『例外状態』(原著 2003, 訳:上村忠男+中村勝己 未来社 2007)

第二次世界大戦期の独裁国家誕生以降、政治的には世界的に例外状態あるいは緊急事態がつづいていることを指摘して、行政の執行権力の拡大による法の力に関わる危うさの増大を考察した濃密な一冊。法学に疎いものにはなかなか敷居が高いが、現在においても継続的かつ広範に宣伝喚起されている世界的例外状態のなかに生きる私たちにとって何かしら響くものを持った著作であることは間違いない。

法による権利保護から一方的に外され剥き出しの生を生きるほかなくなる状態にいつ陥ってしまうか分からない世界的内戦の状態ということが示されるなか、カール・シュミットヴァルター・ベンヤミンの間で交わされた相互思想への応答に関しての解析がスリリングに展開されている。ベンヤミンの徒であるアガンベンは、法の力の維持を固く守るシュミットの姿勢に対して、法の力が昇華されたベンヤミンの純粋言語・純粋暴力・純粋法による来るべき共同体を対置するのだが、その共同体にいたる道筋は本書においては十分には展開されていない。まずは状況についての認識を高めるための著作と考ええたほうが素直に読めるのではないかと思う。
※第4章「空白をめぐる巨人族の戦い」の終わりで、原始キリスト教のメシアニズムとマルクス主義共産主義成立後の世界で法にないが生じるのかという問いかけと、ベンヤミンカフカが示した無活動の法の姿がコンパクトに提示されていて、とても興味深いのだが、こちらも本書だけでは物足りないというかすっきりとはのみ込みづらい。

※本書は《ホモ・サケル》シリーズのⅡ-1、三冊目の著作。ほかの著作と組み合わせると違った感想になるかもしれない。

www.miraisha.co.jp

【目次】
第1章 統治のパラダイムとしての例外状態
第2章 法律‐の‐力
第3章 ユースティティウム
第4章 空白をめぐる巨人族の戦い
第5章 祝祭・服喪・アノミー
第6章 権威と権限

訳者解説 例外状態をめぐって──シュミット、ベンヤミンアガンベン 上村忠男

 

【付箋箇所】
22, 39, 63, 82, 102, 108, 109, 115, 117, 126, 134, 146,169, 173, 175, 178, 180, 181, 182, 183

ジョルジョ・アガンベン
1942 - 

ja.wikipedia.org

上村忠男
1941 - 

ja.wikipedia.org

中村勝
1963 -