読書三昧(仮免) 禹歩の痛痒アーカイブ

詩と散文に絵画と音楽を少々

新見隆監修『20世紀の総合芸術家  イサム・ノグチ 彫刻から身体・庭へ』(2017)

興味の発端は野口米次郎の息子という情報。でも、このブックレット一冊を眺めてみただけでも芸術家イサム・ノグチのほうが存在としては大きいということが感じられる。シュルレアリスム的な活動をしていた時の彫刻や舞台作品はどことなくジャコメッティを想起させ興味深いが、それより時代の下った自然そのままの大地の延長としての玩具のない公園=プレイグラウンド、庭園、黒光りする石の彫刻などが心にぐっと迫って来る。書籍やネット上の情報だけでなく、実物にも触れてみたい気がしてきた。

わざとらしいものがなくなっちゃってどこか天国から落ちたといった感じ、それでいいんですよ。しかし、それは自然ではないですよ。人間が作ったものだから、人間で一杯です。人間で一杯ですけれどデコラチーフないろんな人を喜ばせるようなことが入っていないんですね。そのものだけ。それでその作品の意味というのはいつでも生きている、はっきりなんだと言うことは言えないけど、何かということを、いつでも感じさせる。それ、とても大事だと思うね。
(第4章「自然との交感―石の彫刻」 p131)

 

子供の頃に父野口米次郎を頼って通った北鎌倉の円覚寺の蔵六庵近辺で過ごした記憶がずっと作品の通奏低音となっているるように思う。

www.heibonsha.co.jp

目次:
イサム・ノグチ-彫刻から身体・庭へ-」展によせて ジェニー・ディクソン
In Consideration of: Iasamu Noguchi-from sculpture to body and garden Jenny Dixon
舞踊神のいる庭―イサム・ノグチ、あるいは未来のディオニソス 新見 隆

第1章 身体との対話
北京ドローイング―身体から抽象へ 宗像晋作
イサム・ノグチの彫刻と身体について ―マーサ・グラハム「ヘロディアド」の鏡を巡る一考察 瀧上 華

第2章 日本との再会
自然を知ること ―イサム・ノグチの陶彫 宗像晋作
AKARIの発展とノグチの想い 木藤野絵

第3章 空間の彫刻―庭へ
空間と大地 イサム・ノグチの庭について 福士 理
セントラルパークのためのプレイグラウンドのプランに関する考察 田口慶太

第4章 自然との交感―石の彫刻
ノグチ晩年の大型玄武岩作品の文脈 ダーキン・ハート
Noguchi’s Late Large Basalts in Context Dakin Hart

対談: 和泉正敏(公益財団法人 イサム・ノグチ日本財団 理事長)×新見 隆

イサム・ノグチ
1904 - 1988
新見隆
1958 -

野口米次郎「蟋蟀」(Seen and Unseen 1896『明界と幽界』より)

蟋蟀

 小川の辺で蟋蟀が鳴き始めると私の詩歌は始まる、
 私の詩歌の第二章は静止の曲だ………
 さてまた、第三章は何であらうか。
 ああ、神様は宇宙一杯の掌を私の原稿紙の上に載せ給ふ。
 主よ、この憐れな僕(しもべ)の為めその掌をのけ給へ。
 私の願は無駄だつた………
 ああ、いつまで私は瞑想をつづけねばならないか。
 
(Seen and Unseen 1896『明界と幽界』より)

野口米次郎
1875 - 1947
 
野口米次郎の詩 再興活動 No.011

野口米次郎「蝸牛」(Seen and Unseen 1896『明界と幽界』より)

蝸牛
 
『ああ、友よ、なぜ君は今宵帰つて来ては呉れないの?』
 私はこの小屋、いな、この寂しい世界で只管(ひたすら)に寂しい。
 見ると戸口に、這つてゐる蝸牛は角をかくした………
 蝸牛よ、お前の角を出して呉れ!
 東へ出せ、西へ出せ! 嗚呼真理はどこにあるか………善はどこ光明はどこか。
 夜の闇、いな、世界の闇は私の魂をひと飲みにのみ乾した。
 私はこの雨降る世界の雨降る夜、雨に濡れて糊のはなれた提灯(ちょうちん)の如しだ。

(Seen and Unseen 1896『明界と幽界』より)

野口米次郎
1875 - 1947
 
野口米次郎の詩 再興活動 No.010

野口米次郎「独り谷間に於いて」(Seen and Unseen 1896『明界と幽界』より)

独り谷間に於いて

 雪片のやうな冷気がかつとおとして降りそそぐ、沈黙を割く夜の青白い風に脅(おびやか)かされて、冷気は眠つた木の間を彷徨(さまよ)つて私が谷間に敷いた寝床に迫つて来る。
「お寝(やす)みなさい、遠く遠く離れた身内の人々よ!」………私は今夜冷気の折り重なるしたに埋まつている。
 風は吹くよ、風は吹くよ。
 弱い柔順な木の葉は口を曲げて唸(うな)る風を恐れて、地上へ逃げて来る。
 ああ、蟋蟀(こほろぎ)の笛も毀(こは)れて仕舞つた。
 家のない蝸牛(かたつむり)は私の枕を上つて、銀のやうに光る私の眼を監視している。
 夜の霧は魚のやうだ、裸かの枝に神秘の花を咲かした………だが、天上の星は一つ一つ愛の焔を消してゆく。
 私はたつた独りだ。誰が今夜私の気持ちを知ることが出来るだらうか。
 

(Seen and Unseen 1896『明界と幽界』より)

野口米次郎
1875 - 1947

 
野口米次郎の詩 再興活動 No.009

今井恵子編集『樋口一葉和歌集』(2005)

和歌を読む限りでは樋口一葉は情念の人。着火が早く、燃えはじめたら火力が強い。和歌に関してはどちらかというと燃えあがる前のどこかに静けさをたたえる歌の方が好み。

071 おもふことすこし洩らさん友もがなうかれてみたき朧月夜に
112 涼しさもとなりの水の音なひはよそのたからのこゝちこそすれ
150 朝がほの今咲きぬべき花の上におぼつかなくも残る月かな
283 ひたすらに死なばともにといのるかな我なき後のうしろめたさに

また散文も読んでみよう。

筑摩書房 樋口一葉 和歌集 / 樋口 一葉 著, 今井 恵子 著

樋口一葉
1872 - 1896

野口米次郎「雨の夜」(Seen and Unseen 1896『明界と幽界』より)

雨の夜
 
 雨は屋根を叩く、私はその響きでびしょぬれになるやうに感ずる………私は沈黙の諧音を失ひ温かい黙想を失つた。私は真夜中寂しい寝床に横たはる。雨は私の部屋の暗闇を乱し飛散させるやうに私は感ずる。
 ああ、雨は屋根に釘を打つ。いな夜の暗闇に釘を打つ、いな宇宙の沈黙に釘を打つ。
 私は失はれた夜の子供であるであらうか、今は最早私の母は私を追つて来ない。彼女の狂乱の涙は尽きた………雨はただ杉の木の枝から滴(したた)る。雨は何を語るのであるか、雨でなく目に見えない不思議な魂の無駄話であるかも知れない。
 「人間は泣くために生まれたものだ」とたれかがいふやうに感ずる。
 

(Seen and Unseen 1896『明界と幽界』より)

野口米次郎
1875 - 1947

 
野口米次郎の詩 再興活動 No.008

堀江貴文『すべての教育は「洗脳」である』(2017)

教育は洗脳、学習は自己調教。言い方だけという気もするが、相対化していくことは大事だと思う。堀江貴文はそんなことよりも「没頭する力」が大切と言っているけれど、アクセルを踏むための環境を整えるための状況確認として本書のような文章もとても大切。

学校はもともと、子供という「原材料」を使って、「産業社会に適応した大人」を大量生産する「工場」の一つだったのである。
今の学校も、この原則はまったく変わっていない。学校で押し付けられるのは、「工場=会社」の予行演習のようなことばかりだ。
(第1章「学校は国策「洗脳機関」である」 p25)

「できるわけがない」という言葉は、「変化したくない」や「このままでいたい」の言い訳でしかない。しかし、本当に今のその会社で、苦しい働き方をしながら「このまま」でいていいのか。
(第5章「会社はいますぐ辞められる」 p179)

賃金労働以外で稼ぐことを考える必要が出てきた時代の書。

すべての教育は「洗脳」である 堀江貴文 | 光文社新書 | 光文社

目次:
はじめに 「何かしたい」けど「今はできない」人たち
第1章 学校は国策「洗脳機関」である
第2章 G人材とL人材
第3章 学びとは「没頭」である
第4章 三つの「タグ」で自分の価値を上げよ!
第5章 会社はいますぐ辞められる
おわりに

堀江貴文
1972 -