読書三昧(仮免) 禹歩の痛痒アーカイブ

乱読中年、中途と半端を生きる

ジョーゼフ・キャンベル+ビル・モイヤーズ『神話の力』(原著 1988, 早川書房 飛田茂雄訳 1992)

スター・ウォーズ』のジョージ・ルーカスが大きな影響を受けたアメリカの神話学者ジョーゼフ・キャンベルに、ホワイトハウス報道官も務めたことのある先鋭博学のジャーナリストビル・モイヤーズが問いかける、知的興奮に満ちた対談集。生の冷酷な前提条件や廻り合う苦難といかに折り合いをつけるかを教える機能が神話にあると説くジョーゼフ・キャンベル。各地方の神話や宗教や儀式や伝説や民話など縦横に引き合いに出しながら、生き生きとした生を送るために各自の至福の追求を勧めるジョーゼフ・キャンベルは非常に魅力的。意識や自我の独裁が機械的な生に陥ることに注意喚起しながら、自我や人格といったものが個体(モナド)にとっては克服すべきものであると価値切り下げしているところなどはたいへん示唆的であった。

再生する個体(モナド)は東洋の神話では主要な英雄たちです。モナドは一生、また一生と、さまざまな人格を帯びます。そこで、再生というのは、いまの人格を持ったあなたや私がふたたび生まれ変わるということではありません。人格とはモナドが脱ぎ捨てるものです。そのあと、モナドは別の肉体を取る。男であるか女であるかは、時間領域における執着をきれいに断ち切るために、どういう経験が必要かに応じて決定されます。
(第2章 内面への旅 p116 )

東洋の転生神話について転生の主体が、人格とは別の自分以上のなんらかの個体(モナド)ということをこれほどはっきり読んだのは本書がはじめてだ。

www.hayakawa-online.co.jp

【付箋箇所(単行本)】
26, 34, 40, 46, 50, 52, 57, 74, 90, 93, 99, 104, 111, 112, 116, 134, 138, 143, 158, 160, 168, 179, 187, 189, 196, 205, 211, 216, 261, 264, 266, 288, 312, 332, 348, 350, 385, 398, 400, 406, 409

目次:
第1章 神話と現代の世界
第2章 内面への旅
第3章 最初のストーリーテラーたち
第4章 犠牲と至福
第5章 英雄の冒険
第6章 女神からの贈り物
第7章 愛と結婚の物語
第8章 永遠性の仮面

ジョーゼフ・キャンベル
1904 - 1987
ビル・モイヤーズ
1934 -
飛田茂雄
1927 - 2002


    

ディディエ・ダヴァン『『無門関』の出世双六 帰化した禅の聖典』(平凡社 ブックレット〈書物をひらく〉23 2020)

日本における「無門関」受容の歴史を、残された頼りない資料群を丁寧にたどり、現代にいたるまで描き出そうとしたフランス出身の在日仏教研究者ディディエ・ダヴァンのコンパクトな著作。『碧巌録』『臨済録』と異なり、中国本土ではほとんど顧みられない『無門関』が何故どのように日本人の読書階層に広まっていったかが考察されるが、残された資料の乏しさもあって、肝心なところは曖昧なままに終わってしまっている。それは著者の憶測を本文中に紛れ込ませていないということのあらわれでもあり、読み手はわりと自由に自分の空想に遊ぶことも可能だ。
日本の『無門関』受容は、鎌倉時代臨済宗の僧である無本覚心が宋から持ち帰ったのがはじまりで、当初はほとんど読まれた形跡がなく、だいぶ経った室町末期に寺格の高い五山ではない林家と呼ばれる格下の禅宗寺院のなかで弟子教化のために使用されたのち、江戸期に入り出版文化が発達し読者階層が拡がるとともに、『無門関』に商業出版の小品としての価値を見出した商人が開版することで広く受け入れられていったという。ただ、これは受容史の外観で、実際のところ何が求められての『無門関』なのかということには触れられていない。私見では『碧巌録』『臨済録』のアクの強さ比べ、『無門関』は比較的洗練されたとげとげしさの少ない評釈であることに特徴がある。ほかの禅典と比べれば温和で淡白な無門慧開のテクストと、公案四十八則の手頃なボリューム感が、日本的消費精神と適合したことが近世日本以降での『無門関』の人気になったのだろうと思う。僧の世界ではなく庶民の世界の期待要求から『無門関』が日本に深く定着していったであろうということは著者も述べているところでる。
近世の受容において臨済系の太い流れがそれとなく示されていたところにも本書のひとつの味わいがある。釈宗演―鈴木大拙―レジナルド・ブライスという流れは、20世紀の世界において日本初の禅思想が世界に広まっていく心棒のような力強さを感じさせる。本書も参考にしながら、先々追っていきたい思索者たちである。

 

www.heibonsha.co.jp


目次:
1 『無門関』、その成立と内容
2 日本への渡来、そして中世までの『無門関』
3 禅僧と書籍―抄物と密参録の世界
4 近世の『無門関』、日本社会への普及
5 近現代の『無門関』―禅籍の大物確定

ディディエ・ダヴァン
1972 - 


    

ひろさちや『超訳 無門関』(中央公論新社 2018)

題に超訳と付いているが、よくある意訳抜粋本とは趣向が異なる。

本書は、中国南宋時代の無門慧開(1183年-1260年)によって編まれた公案集『無門関』を、現代語訳、読み下し文、解説で紹介したあとに、公案本則についての著者の自由訳である超訳を付け加えた、四部構成からなる、わかりやすくてためになる入門解説書。
超訳部分は、公案の問答の意味合いを咀嚼した上で現代的に意訳翻案した一例として、公案の本体である本則部分を口語関西弁で超訳として大胆に味付けして読者に印象づけているとともに、読者にも自分自身の解釈をするよう促す意図を持っている。禅の実参実究に導ための著者ならではの戦略なのだろう。書き慣れた作家の筆力とユーモラスな味付けが、閾の高い『無門関』の理解に大いに役立ってくれる。

『無門関』をガイドするにあたっての著者の態度としては
1.自分は「禅」の専門家ではないから、専門家から見れば間違ったことを言っているかも知れない
2.禅の公案は自分自身の答えを見つけるべきものであるが、それでは本にならないので自分なりの答えを書く
3.仏教の世界と世俗の日常生活の世界では世界観が異なっているが、仏教の教えを日常生活に応用できるように解釈する
といったところが挙げられる。

分からないから距離を置くという態度になることを極力排して、興味関心を持ってもらうことに努めたプロフェッショナルの姿勢であると思う。

ちなみに、本書の超訳の雰囲気としては「第三十七則 庭前柏樹」などを例として看てもらえればいいかと思う。

【読み下し文】
趙州(じょうしゅう)因みに僧問う、「如何なるか是れ祖師西来(せいらい)の意」。州云く、「庭前の柏樹子」。

超訳
趙州和尚に僧が質問しました。
達磨大師がインドから来た理由は何ですか?」
趙州は答えます。
「東大の公孫樹(いちょう)並木や」。

 

第三十七則については、さすがに超訳だけでは何のことやら分からずじまいであるが、趙州の答えの「超言語」性については解説部分に丁寧な案内があるので、実際に本書を読んでみるとなるほどそんなものかと納得することができる。
難しくはないが質を落とさず内容を伝えきってくれているところが大変ありがたい一冊。

参考書として何度か出てくる柴山全慶『無門関講話』(1977)もよさそうに見えた。

www.chuko.co.jp

ひろさちや
1936 - 2022

 

塚原史+後藤美和子 編訳『ダダ・シュルレアリスム新訳詩集』(思潮社 2016)

チューリッヒ・ダダ100周年、アンドレ・ブルトン没後50年の年に刊行されたダダ・シュルレアリスム新訳新編アンソロジー。上下二段組み、236ページ。詩人32名、199篇という満足感が得られるラインナップであった。
刊行の意図としては、美術の世界のダダ・シュルレアリスムは現代においても展覧会や画集で多く触れる機会があるのに、両運動の中心的人物であったトリスタン・ツァラアンドレ・ブルトンをはじめとして、その中心的活動であった詩作については、新刊書店で手に取ることが難しいという、文学全敗の状況に対してのひとつの抵抗の試みということが挙げられていた。何らかのきっかけで、新しい世代にも読んでもらえるようになるといいなと思いつつ私は読み通した。
個人的にはフランシス・ポンジュの作品9篇が収録されていたところにいちばん興奮した。現実的にダダにもシュルレアリスムにも近づき活動していた時期があるということが人物解説で示されているが、詩の印象は他のダダの詩人、シュルレアリスムの詩人の作品の印象とは大きく異なり、ダダ・シュルレアリスムのアンソロジーのなかにポンジュの作品が置かれることで、ポンジュ作品の特異性がより際立つようになっているなと感じ取った。ダダの既存価値の否定、シュルレアリスムの現実と理性の超克、両者の方向性とは距離を置くポンジュの物と言語への徹底した観察と関心は、鮮明な現実の世界を切りとったなかに譬喩による幻想性を注ぎ込んで、平凡なものの世界を祝祭に変容させている。

例えば作品「蝋燭(プジー)」の最終部

けれども蝋燭(プジー)は、本のページの上に明かりを揺らめかせ、独特の煙を発散して読者をはげます――そして最後には受け皿に身をかがめ、その養分の中で溺れてしまう。

これは小沢書店の『フランシス・ポンジュ詩集』の阿部良雄訳では以下のようになっている。

一方、蝋燭はといえば、独自の煙を急に吐き出しながら、本の上に光をちらつかせることによって読者を激励する、――それから自らの台皿の上に身を傾け、自ら食料とするものの中に溺れるのだ。

比較してみると、塚原史訳のほうがやわらかでより日常語に近い語感の言葉を用いながら、現実のなかの幻想的な光景を再現するのに成功しているようにみえる。「その養分の中で溺れてしまう」という大げさにならない日本語譬喩表現をとっていること、この例をみてみることだけでも本書『ダダ・シュルレアリスム新訳詩集』の翻訳アンソロジーとしての方向性と、新訳で新たに紹介することの意味がじんわり伝わってくる。

ほかの詩人についてもいつでもゆっくり味わい直すことができるような本になっているに違いないと思う。

 

www.shichosha.co.jp

【32の収録詩人】
アポリネール 10篇
ツァラ 14篇
ピカビア 7篇
リブモン=デセーニュ 4篇
リゴー 2篇
ノアイユ 1篇
コクトー 4篇
ヴェルディ 12篇
ヴァシェ 7篇
ブルトン 15篇
アラゴン 9篇
スーポー 7篇
エリュアール 18篇
ペレ 7篇
デスノス 12篇
クルヴェル 3篇
バロン 4篇
ドゥアルム 4篇
アルトー 4篇
バタイユ 6篇
シャール 7篇
クノー 2篇
ポンジュ 9篇
ミショー 7篇
プレヴェール 3篇
ペンローズ 2篇
カーアン 3篇
プラシノス 3篇
マンスール 6篇
セゼール 4篇
イヴシック 1篇
ル・ブラン 2篇


塚原史
1949 -
後藤美和子
1966 -


    

エティエンヌ・バリバール『スピノザと政治』(原著 1985 追加論文 1989, 1993, 水声社 叢書言語の政治 17 水嶋一憲訳 2011)

スピノザの主要三著作『神学・政治論』『エチカ』『政治論』(邦訳『国家論』)から、大衆各個人の情動を根底に構成される国家体制について思考する政治論を分析している。ホッブスとの自然権の譲渡と契約をめぐる差異、マルクスとの理論構築においての外的条件と心理的条件の重心のかけ方の相違と理論的な相互補完性を取り上げているところが印象に残るとともに、スピノザ哲学における情動とコミュニケーションの位置づけの徹底した姿勢を取り上げるバリバールの論考の展開と一貫性に感心させられる。

社会的な生[=社会生活]とはコミュニケーションの活動性にほかならないのだから、認識は二重の実践的次元を有している。つまり、一つはその諸条件に関連するものであり、もう一つはその諸結果に関連するものである。スピノザによれば、コミュニケーションは、無知と知、迷信、イデオロギー的敵対関係が織りなす諸関係――人間はこれらの内部で欲望を備給し、諸身体の活動性じたいもこれらによって表現される――によって構造化されている。われわれはスピノザとともにこのことを認めるなら――また認める限りにおいて――、認識は一つの実践であり、認識のための闘争(すなわち、哲学)は一つの政治的実践であるということをも認めなければならないのだ。
(第4章 『エティカ』―政治的人間学 『エティカ』とコミュニケーション p173  太字は実際は傍点 )

若くしてユダヤ人共同体から破門され、暗殺の危険にも遭い、『神学・政治論』刊行前には弟子のクールバッハが捕らえられ刑に処せられたり、『神学・政治論』刊行後には親交のあった人物が虐殺されたり、危険と隣り合わせの生活環境のなかで思索したスピノザ。静謐さと慎重さによって自衛された揺らぎない静かな熱狂が滾々と湧きつづけていたことは、その著作に触れることで直接に知ることができる。時代が異なっているためと、論述のスタイルと翻訳でもわかる文体の乱れのなさから、「神に酔える人」とも評されることもある哲学者ではあるが、その「認識のための闘争(すなわち、哲学)」の存在感と戦術のめざましさが今なお圧倒的であることは、本署をはじめとした各研究書から次々に教えてもらえている。


【付箋箇所】
38, 63, 77, 82, 93, 98, 115, 125, 156, 160, 166, 171, 172, 183, 186, 190, 194, 210, 212, 224, 238, 272

目次:
第1章 スピノザの党派
第2章 『神学・政治論』―民主制のマニフェスト
第3章 『政治論』―国家の科学
第4章 『エティカ』―政治的人間学
第5章 政治とコミュニケーション
補 論 政治的なるもの、政治―ルソーからマルクスへ、マルクスからスピノザ
マルチチュードの力能と恐れ 水嶋一憲

エティエンヌ・バリバール
1942 - 
バールーフ・デ・スピノザ
1632 - 1677
水嶋一憲
1960 -

 

浅野俊哉『スピノザ 〈触発の思考〉』(明石書店 2019)

政治哲学・社会思想史を専門とする哲学者浅野俊哉のスピノザ論。主として第二次世界大戦前後にかけてスピノザの思想を語った思想家6名について検討しながら、スピノザの現実的かつ根源的な思考の射程を浮かび上がらせる精緻な論考。20世紀の思想家の政治や国家に関する思索について、スピノザの言説とその読み取り方と各者の主張の間にある差異を明確に描き分けているところが刺激的であった。スピノザの未完の遺作となった『政治論』(岩波文庫の畠中尚志訳のタイトルは『国家論』)が主著『エチカ』以上に多く引用されていて、本署の導きで、その『政治論』の有効性が現在もなお失われていないことに気づかされた。また、政治の世界ばかりではなく、もろもろの触発=変様(アフェクチオ)が起こる芸術や表象の領域について言及されているところも興味深かった。

スピノザが見ていたのは次のような世界のありようである。何かと何かが出会い、そこに前と異なる状態が出現する。出会う対象は、人同士だけでなく、ものや情報、思想やイメージでもよいし、何らかの情動、欲望、あるいは力――権力であれ影響力であれ――でもよい。世界とは、それらが遭遇し、反発し合ったり、時にひとつに合わさって新たな存在や力を創出したりしながら、絶えず変化を続けて止まない生成の過程以外のものではない。
(「はじめに」p11 )

固定化された最終状態にいたることも想像することも否認する、諸力の活動が減少することのない、スピノザの終わりなき変様の世界。

6篇それぞれが、しっかり腹にたまる。そして、本文だけでなく、ひとつひとつに圧縮された気づきが込められている著者による注も、読むべき価値がある。読みとばしてしまったらもったいない。

www.akashi.co.jp

【付箋箇所】
11, 18, 32, 34, 39, 40, 44, 48, 61, 64, 66, 87, 98, 102, 111, 124, 126, 141, 142, 164, 169, 171, 199, 218, 240, 243, 244, 251, 261, 263, 269, 292, 295, 308, 340

目次:
はじめに
第1章 〈触発の思考〉 〈良心〉の不在と遍在――morsus conscientiaeの行方
第2章 〈シュトラウス〉 〈徳〉をめぐる係争
第3章 〈アドルノ〉 「ひとつの場所」あるいは反転する鏡像
第4章 〈ネグリ〉 「絶対的民主主義」とcivitasの条件
第5章 〈バーリン〉 「二つの自由」の彼方
第6章 〈シュミット〉 不純なる決断
第7章 〈三木清〉 ある「理想的公民」の軌跡
あとがき

 

webmedia.akashi.co.jp

浅野俊哉
1962 -
バールーフ・デ・スピノザ
1632 - 1677

 

黒木祥子+小林賢章+芹澤剛+福井淳子 編『現代語訳付 説経かるかや』(和泉書院 2015)

中世末から江戸時代初期、下層の庶民階級を相手の芸能としてはやった説経節の代表曲「かるかや(苅萱)」のテキストに校注と現代語訳を付けた一冊。能や浄瑠璃などに比べてより簡素な語り芸であることが想像できる作品。
話は信濃善光寺付近に祀られている親子地蔵といわれる地蔵菩薩についての縁起で、花見の席で桜のつぼみが自身の盃に散り落ちたことで世を儚む思いが起こったがために妊婦の妻と娘がいるにもかかわらず出家遁世、その後に生まれた男子を含めての夫恋、父恋の悲恋の話。途中に空海の出生伝説(太陽の子として生まれた金魚丸)を挟みながら、家族すべてがそれぞれに亡くなるまでを描く。浄土があることで救われたようには描かれているものの、救いのない哀切な展開に終始している。

このよにてこそおなのりなくとも、もろもろの三世の諸仏、弥陀の浄土にては、おやよ兄弟(きやうだい)ちちははよと、おなのりあるこそめでたけれ。

悲しい物語に身を委ねることで精神浄化の作用が起こっていたのであろう。現代的な感覚で台本だけ読むとあまり情は動いてこないが、実際に節をつけて詠われたり、人形を使った芝居になるとホロっと来るのかもしれない。

そのほか読みながら考えたのは、いまでもお出家はあるけれど、世を儚んだ場合の受け入れ先は、出家のほかどこにあるだろうかということで、引きこもり+ネット環境くらいしかわたしの貧しい頭では思いつかなかった。

www.izumipb.co.jp