読書三昧(仮免) 禹歩の痛痒アーカイブ

乱読中年、中途と半端を生きる

モーリス・ブランショ『マラルメ論』(粟津則雄・清水徹訳 筑摩叢書 1977)

ブランショマラルメ論考を集めた日本独自の書籍。翻訳も各論考もなされた時代にかなりの幅があり、出典も異なっているため、一冊の本として筋の通った展開があるわけではないが、各論考でくりかえしとりあげられるマラルメの言語に対する姿勢が、すこし差異を持ちながらも、核の部分にあたるところは重なりつつ、色濃く浮かび上がってくるようになっているため、ブランショマラルメ観をまとめて読む意義を感じさせてくれる編集になっていると思う。

出典と刊行年は訳者あとがきによれば、以下のようになる。

粟津則雄:
マラルメの沈黙」「マラルメの詩は難解か?」「マラルメと小説芸術」――『踏みはずし』(1943)
マラルメの神話」――『火の分け前』(1949)
マラルメの経験」「イジチュールの経験」――『文学空間』(1955)
「来るべき書物」――『来るべき書物』(1959)
清水徹訳:
「書物の不在」――『終わりなき対話』(1969)

論考の対象となる作品としては、詩作品では『イジチュール』と『骰子一擲』、エッセイでは「詩の危機」「音楽と文芸」が中核を占めている。「存在のリズミックな押韻分解」ということが言われているため、本来であればマラルメの詩は書かれた言語フランス語で味わうべきものなのであろうが、『イジチュール』も『骰子一擲』も『詩の危機』も日本語訳があるので、フランス語を知らなくてもある程度はマラルメの驚異的な詩を知ることは可能であり、ブランショの言っていることも理解可能になってくれている。

マラルメは、言語とは、通常の幾何学的空間も実生活の空間もけっしてその独自性をとらえさせてくれないような限りなく複雑な空間的諸関係の一体系であるという、彼に至るまで無視されてきたし彼以後もおそらく無視されている事実を、つねに意識していた。人は何ひとつ創造しないのであり、言語が局限され表現されたことばである以前に諸関係の黙々たる運動でありつまりは「存在のリズミックな押韻分解」であるよるような極度に空虚な場所へあらかじめ接近することによって、はじめて人は創造的に語るのである。ことばがそこにあるのは、つねに、それらの関係のひろがりを示すためにすぎない。
(『来るべき書物』ⅱ文学空間の新たなる理解 「錯乱を通して集中される」p141 )

「存在のリズミックな押韻分解」というのは、別の論考でヘルダーリンを参照して言われるところの「神々に名前を与える」ということに通じるのではないかと考えている(「マラルメの詩は難解か?」p25 )。

その他の印象としては、『終わりなき対話』の終章でもあるという「書物の不在」を読んでいるときに、デリダを読んでいるような感覚になったことが感覚として残っている。

目次:
マラルメの沈黙
マラルメの詩は難解か?
マラルメと小説芸術
マラルメの神話
マラルメの経験
イジチュールの経験
来るべき書物
 ⅰコノ書物ヲ見ヨ
 ⅱ文学空間の新たなる理解
書物の不在

www.chikumashobo.co.jp

【付箋箇所】
8, 24, 25, 35, 37, 40, 41, 50, 51, 71, 80, 81, 91, 92, 97, 125, 127, 141, 145, 146, 150, 152, 181, 183

モーリス・ブランショ
1907 - 2003
ステファヌ・マラルメ
1842 - 1898
粟津則雄
1927 -
清水徹
1931 -

参考:

uho360.hatenablog.com

uho360.hatenablog.com

ジョルジュ・プーレ『人間的時間の研究』(原書 第1巻 1949, 第2巻「内的距離」1952, 筑摩叢書 第1巻 1969, 第2巻 1977 )

日本ではなんでも翻訳されているということはよく言われていることではあるのだが、そんなことはない、ということを知らせてくれる貴重な書物。ヌーヴェル・クリティックの代表的な作品であるジョルジュ・プーレ『人間的時間の研究』(全4巻、1949‐1968)も、完訳を目指しながらも残念ながら第2巻までで頓挫している。また、批評の対象として取り上げられているフランス文学の代表的な作家たちにしても、日本語しか読まないい読書好きのものにとっては馴染みのないものが多い。世界の歴史は、著述という領域に限っても、そんなに薄っぺらいものではないということが分かる。第2巻までの目次から見てとれる作家のラインナップに圧倒されるそのまえに、まずプーレの批評作品自体の分厚さにたじろぐ。上下二段組みで約900ページ。分量的にはジョイスの『ユリシーズ』ぐらいはあるだろうか。しかもジョイスの『ユリシーズ』は文書を追って行けば通読後に登場人物とともに時を過ごしたという充実感があるのだが、プーレの『人間的時間の研究』を読んで、内容に圧倒されながらも、論じられている対象に馴染みがないと、片落ちしているのではないかという想いは抜けきらない。

[第1巻]
序論
 第一章 モンテーニュ
 第二章 デカルトの夢
 第三章 パスカル
 第四章 モリエール
 第五章 コルネイユ
 第六章 ラシーヌ的時間覚え書
 第七章 ラファイエット夫人
 第八章 フォントネル
 第九章 アベ・プレヴォ
 第十章 ルソー
 第十一章 ディドロ
 第十二章 バンジャマン・コンスタン
 第十三章 ヴィニー
 第十四章 テオフィル・ゴーティエ
 第十五章 フォーベール
 第十六章 ボードレール
 第十七章 ヴァレリー
 第十八章 プルースト

[第2巻]
 第一章 マリヴォー
 第二章 ヴォーヴナルグ
 第三章 シャンフォールラク
 第四章 ジューベール
 第五章 バルザック
 第六章 ユゴー
 第七章 ミュッセ
 第八章 ゲラン
 第九章 マラルメ

 

読んでいない作家の多さにまずは驚くことから始めないと、なにも始まらない。

 

ジョルジュ・プーレ
1902 - 1991


参考:

uho360.hatenablog.com

uho360.hatenablog.com


    

馬場あき子『式子内親王』(紀伊国屋書店 1969, ちくま学芸文庫 1992 )「式子内親王集」を読む ③

深く激しい表現の発露のもとにあるものを、ノイローゼという言葉で表現しているところに、本書が書かれた時代の空気感と馬場あき子40代の激しさのようなものがすこし感じられ、ほんのすこしだけたじろいだりもするのだが、多くは式子内親王の歌を読み込み、式子内親王が生きた時代の資料を丁寧にたどり、歌にからめて紹介していくことで、作品に込められた式子内親王の想いがより明瞭になってくる、目配せの利いた価値ある評伝になっている。

第一部では、日記を書かなかった式子内親王の生涯を、同時代のテクストに残された周囲の動向から浮かび上がらせるように年代順に丹念に追っていき、第二部でその時代と式子内親王の立場から、主に百首歌の部立ごとに作品の傾向と特徴を論じている。馬場あき子が選ぶ式子内親王の歌は、激しい憂いと嘆きに満ちた屈折の多いものが目立つ。背景に王朝貴族自体の没落、親しい者たちが被った不遇と凋落、自らの思わしくない体調と、物思いにふけりがちな非社交性などがあり、歌には直接は現われない現実世界の投影なども適宜指摘してくれたりもする。

 

日に千たび心は谷に投げ果ててあるにもあらず過ぐる我が身は
始めなき夢を夢とも知らずしてこの終わりにや覚め果てぬべき
今日は又きのうにあらぬ世の中を思へば袖も色かはり行く
秋の夜の静かにくらき窓の雨うち嘆かれてひましらむなり
年ふれどまだ春知らぬ谷の内の朽木のもとも花を待つかな
おしこめて秋の哀にしづむかな麓の里の夕ぎりのそこ
花は散りてその色となく詠むればむなしき空に春雨ぞふる

 

「花は散りて」という字余りの初句には、粘着力のある<艶な怨み>がこもっており、未婚のままの人生のはてをさびしむような声調を感じさせる。全く、広々とはてしない無表情な空から、限りもなく煙りつつ降ってくる春雨を、みるともなくみつめつづける老いたる内親王のすがたには、客観的にも生ける屍の感慨がにじんでいたかもしれない。
(「花を見送る非力者の哀しみ―作歌態度としての〈詠め〉の姿勢」p155)

 

馬場あき子による式子内親王の歌の読解は、ときに残酷な表現をともないはするのだが、一理あると思わせる読みの深さがある。その一方、生のあり方としては否定的な評言をひきつけてしまう式子内親王の歌自体には、負の色をいくら重ねられても、突き抜けてくる美の輝きがある。むなしさの圧倒的存在感、冷酷であるがために逆説的に清浄で犯しがたいだれも満たされていない異世界感。無ではない圧倒的なむなしさの遍満する世界。その世界は、出家剃髪ではなく、歌が成立する強度とともに、そのままの姿で救済され、荘厳化されている。文字言語とともに色をあらためることが可能なこの世界。この世界に、今現在、式子内親王や馬場あき子とともに、私もいる。

 

www.chikumashobo.co.jp

【付箋箇所(ちくま学芸文庫)】
10, 51, 55, 57, 58, 59, 61, 63, 66, 68, 77, 93, 96, 114, 122, 127, 132, 134, 154, 158, 166, 167, 183, 188

 

目次:
第1部 式子内親王とその周辺
 四宮の第三女式子の出生
 斎院ト定前後
 み垣の花―斎院式子の青春の夢と失意
 前小斎院御百首のころ―平氏全盛のかげの哀傷
 治承四年雲間の月―以仁叛乱と式子の周辺
 贄野の池―以仁敗死とその生存説の中で
 建久五年百首のころ―後白河時代の終焉と式子の落飾
 軒端の梅よ我れを忘るな―病苦の中の正治百首
第2部 式子内親王の歌について
 宇治の大君に通う式子の心情
 式子は多量の霞を求めねばならなかった
 梅のおもかげ
 花を見送る非力者の哀しみ―作歌態度としての〈詠め〉の姿勢
 式子を支配した三つの夏と時鳥
 落葉しぐれと霜の金星
 巷説「定家葛」の存在理由
 忍ぶる恋の歌
 式子と定家、ならびに宜秋門院丹後
 梁塵秘抄は作用したか
 
式子内親王
1149? - 1201
馬場あき子
1928 -

 

参考:

uho360.hatenablog.com

ジャック・デリダ『哲学のナショナリズム 性、人種、ヒューマニティ』(パリ社会科学高等研究院での原セミネール 1984/85, 原書 2018, 藤本一勇訳 岩波書店 2021)

ハイデガーのトラークル論をデリダ脱構築的に読み直し論じた講義録。単純に詩人トラークルが好きだからということで手に取って読んだとすると、ハイデガーデリダもなに言ってんのということになりかねないし、トラークルの詩の印象からはかなり隔たっていたりする論考ではあるのだけれど、哲学者だとそういう読み方もするのねというところで刺激にはなる。最終的にトラークルのテクストの語句からは両者とも離れることはないので、詩の読み手としての姿勢が貫徹されているところに、畏敬の念を覚えたりもする。論旨に乗れたか乗れなかったかとはべつに、読むということの力が書かれたものから伝わってくるのだ。

トラークルの「死の七つの歌」という詩群のなかの一篇『夕べの国(ヨーロッパ)の歌』とそれとは別の『夕べの国(ヨーロッパ)』について、ハイデガーがこの詩のなかに「頽落」の詩しか見ないのであれば、その読み方や思考は短絡的だろうと語っているのを受けて、デリダハイデガーとともに歴運的[存在生起的]な、原-根源への回帰としての救済を見て取る。

歌うことによって詩は、歴史や過去の歴史的な対象を物語るのでも、報告するのでも、表象[再現]するのでもない。そうではなく、こう言えるだろう。詩は歌うことによって、みずからが歌う出来事を打刻し、救い出し、その出来事に参加するのだ、と。詩は救済の打刻を到来(ヴニール)させるのだ、と。 
歌い上げられた「言い換えれば」のこの一致(ユニゾン)、<約束でもあり救済でもある将来(ヴニール)>を打刻する原-根源のこの歌は、すぐれて回帰のかたちをとる。将来へ向かう運動は、原-根源への回帰なのである。

(第十三講 p233)

「夕べの国」は「過ぎた朝から最も時間が経っているぶん、いっそう来たるべき朝に近いのである」(デリダ)。実際のトラークルの詩の印象は、夕べの国の妖しい暗さと、そのなかに蠢く妖しいほのあかりのほうが強く感じられると私は思うのだが、そのなかにハイデガーからデリダへと延びる人間の本来的なものへの回帰と救済の光があるという教えを受けつつ読み返すと、トラークルの別の詩想もほのかに見えてくる。

www.iwanami.co.jp

【付箋箇所】
2, 6, 57, 64, 66, 71, 76, 78, 7985, 89, 90, 94, 104, 109, 111, 116, 124, 126, 130, 139, 142, 148, 152, 158, 161, 164, 166, 168, 180, 187, 197, 203, 204, 208, 209, 219, 222, 224, 232, 233, 235, 283, 296

目次:
序文(ロドリゴ・テレゾ)
編者による註記

ロヨラ原稿(第七講の終わり、第八講)、および第九講-第十三講
第七講の終わり、第八講
第九講
第十講
第十一講
第十二講
第十三講


解題(藤本一勇)


ジャック・デリダ
1930 - 2004
藤本一勇
1966 -


参考:

uho360.hatenablog.com

uho360.hatenablog.com

カール・シュミット『陸と海 世界史的な考察』(原書 1942, 中山元訳 日経BPクラシックス 2018)

21世紀の世にあって地政学の古典となった一冊。シュミットの政治学的思想の核となる「友-敵理論」にも言及されていて、なかなか興味深い。

ナチスへの理論的協力を経て、思想的齟齬失脚の後に出版されたシュミット40代半ばの著作。娘のアニマに語りかけるという体裁で、世界史進展の地学的な観点からの眺望を説くという作品。

訳文でしか読んでいないので、原文でどのようなニュアンスをもっているのかは、つかみ切れないのだが、娘への語りのスタンスが貫徹されず、しかも娘に語る意味合いがよくわからない。娘アニマは1931年生まれということで、出版当時は11歳。なにを伝えたかったのか、いまいち掴みきれないのだが、シュミットが考察した現代までの世界進展の捉えかたと、これから先の世界の向かう先を示しておきたかったのかもしれないと勝手に推定している。

誰もが知っていることけれど、地球の面積のほぼ四分の三は海水で覆われていて、大地の占める面積は四分の一ほどにすぎに。地球で一番大きな大陸でも、海の中に島のように浮いているにすぎないのだ。この地球が<球(クーゲル)>の形をしていることが分かってからというもの、わたしたちはごく当たり前のように、これを「地の球(エルドバル)」とか「大地の球(エルドクーゲル)」と呼んでいるのだ。考えてごらん。もしこれを「海の球(ゼーバル)」とか「海洋の球(メーレスクーゲル)」とか呼ばなければならないとしたら、ずいぶん奇妙に感じるだろう?
(1「陸と海への一瞥」p16 )

引用は作品冒頭のまだ娘に語りかけるという設定が、作者にも訳者にも十分に生きていたところの文。この後、陸と海の領域のせめぎ合いと、各領域における占有をめぐる闘争と制圧の世界史的考察が比較的ゆっくりと、そして明晰になされていくのだが、それを知って何に備えよと娘に言いたかったのかは最後までよくわからない。

起源前500年くらいにイオニアの哲学者たちが説いた、大地、水、空気、炎という四大元素のうち、20世紀以前の歴史としては陸と海とをめぐる争い、つまりは大地と水の争い、方向性としては大地から水への広域化そして全体化に向かっていたということが大航海時代の歴史とそれに並行する思想運動の歴史とともに、そして神話的な解釈もそえて、語られる。陸のヒビモスと海のリヴァイアサンとの相剋。

しかし、『陸と海』執筆当時の第二次世界大戦期にあっては、もはや陸と海の争いでは収まらず、戦闘爆撃機を配するための領空権、電子電波系メディアと原子力エネルギーに係る電磁熱系の炎の領域にも踏み入ってきていた。論考の最後で幽かにほのめかされている陸と海以外への空間感覚の拡張の必然性。空気(ツィーツ)と炎(フェニックス)の領域に差し掛かっていること、歴史の重心が移動していることを伝えたかったのかもしれない。まず自分の娘に伝えることを念頭に、歴史が転換する時にいること、そしていまいる時がけっして破局ではないことを示したかったのかもしれない。

古いノモスは消滅し、それとともに旧来の尺度、標準、関係のすべての体系が崩壊するだろう。しかしだからと言って、来たるべきものはたんなる尺度の欠如であるとか、ノモスに敵対する虚無であるということにはならない。古い力と新しい力の激しい闘いのうちにも、正しい尺度が生まれ、有意義の調和が生まれるものである。
(20「惑星的な空間革命の新たな段階」 p262 )

本書全体の感想として言えるのは、世界の歴史というものは、時代ごとに戦闘と略奪が主に国家単位で正当化されてきたところに出来上がってきたという、大変なものなのだなという、なんともいえない飲み込み悪いものを教えてもらったあとのハードワーク感。時代の進展は、滑らかなんてことはなくて、いつもザラザラ。

 

www.nikkeibp.co.jp

 

【付箋箇所】
56, 104, 151, 160, 196, 257

 

目次:
1 陸と海への一瞥
2 エレメントとは何か?
3 海と対立する陸
4 沿岸から大洋へ
5 鯨と捕鯨者を称えて
6 オールで漕ぐ船から帆船へ
7 海賊たちと<海の泡の子>たち
8 キリグルー夫人の物語
9 大洋におけるヨーロッパの遺産を受け継いだイギリス
10 空間革命とは?
11 世界史の三つの実例
12 初めて惑星的な空間革命
13 ヨーロッパによる新世界の土地の占領と取得
14 この土地占有者たちの間の闘い
15 宗教戦争における陸と海
16 イギリスによる海の占有、陸と海の分離
17 島の本質の転換
18 魚から機械へ
19 マハンの<大きな島>
20 惑星的な空間革命の新たな段階

カール・シュミット
1888 - 1985
中山元
1949     -

参考:

uho360.hatenablog.com

uho360.hatenablog.com

 


    

竹西寛子「式子内親王」(筑摩書房 日本詩人選14『式子内親王・永福門院』1972, 講談社文芸文庫 2018)「式子内親王集」を読む ②

式子内親王の形而上性、具体性をともなわない観念に傾いた歌にまず魅かれるという竹西寛子の評論。

病がちであったこともあり、人との交流には向かわず、家に引きこもり歌を歌った後白河院第三皇女式子内親王。私歌集と勅撰集に残された400首足らずの歌を繰り返し読むことで、20代から40代にかけての年代ごとの作品の特質と変遷を読み解く。年を追い、寄り添うべきものも失っていくなかで深まりゆく悲しみと静けさ。静のなかの動にこころ動かし、移りゆく世の無常を観ずる、その捉えかた感じかた歌いかたは、若き日と老いが迫りつつあるときでは違ったものになってきているというのが竹西寛子の見立てである。

 

若き日の歌として繰り返し挙げられる歌二首:
見しことも見ぬ行末もかりそめの枕に浮ぶまぼろしの中
浮雲を風にまかする大空の行方も知らぬ果てぞ悲しき

立ち現われた現実も、まだ立ち現れていない現実も、ひとしくかりそめの枕に浮ぶまぼろしの中と断じられた誠実な性急さ、人の生はつねに運動の半ばでしかなく、その行方の知れないことが悲しいと結論づけられた一途さはすでに遠くて、具体的な世界の部分をただ的確に示そうとする冷たい情熱が、強引に、部分を全体に関連づけようとした熱い志向にかわっている。
( 第五章 p65 )

年を経て歌われたなかからの一首:
山深み春とも知らぬ松の戸に絶え絶えかかる雪の玉水

 

「玉の緒」の歌よりも「雪の玉水」の歌に式子内親王らしさを感じるという評者ならではの選歌の傾向に新鮮さを感じた一篇。

 

bookclub.kodansha.co.jp

 

【付箋箇所(筑摩書房版)】
11, 18, 65, 70, 84, 91, 124, 127

 

式子内親王
1149? - 1201
竹西寛子
1929 -

 

参考:

uho360.hatenablog.com

谷川俊太郎『どこからか言葉が』(朝日新聞出版 2021, 初出:朝日新聞 2016.09.28~2020.12.02)

八十九歳での新詩集刊行。枯れない、ブレない、色褪せない。未生の心と感性を呼び寄せる憑代としての言葉を紡ぎつづけられる稀有な詩人。地上にいながらどこか別の場所で時空をこき混ぜ合わせながら呼吸をしているような人。仙人か天使か、あるいは胎児として生きつづけている成人なのか、とにかく同時代に生きていることが不思議でもある、驚嘆に値する人の言葉。80代後半四年分の作品、52篇。

いま、ネット検索してみたら、新聞の紙上連載はつづいているようで、しかも朝日新聞社のサイトでは、部分掲載ではあるけれども、最新連載分の作品前半の言葉に触れられるという大盤振る舞い。詩人の近景もアップされていて、もう眼福、余福の極み。

仏は常にいませども、現ならぬぞあわれなる、人の音せぬ暁に、ほのかに夢に見えたもう。『梁塵秘抄

こんなことをいったら失礼に当たるのかもしれないが、谷川俊太郎の詩のなかでは神とも呼ばれている遍満する仏が、言葉と姿の佇まいで、だいぶ実体化されているようにも見える。ありふれた平凡な存在の奇蹟的な輝きが、無造作に、しかも必然性をもって置かれている不思議と、動きつづける心の常態としての不満や不足、あるいは不快のちょっとした陰影が作り出す、現象界の現実感、立体感、物質感が愛おしく描出されている。近寄れそうな気安さがありながら、並び立とうとすると、おのれの穢れが目立って恥ずかしくなってしまうような、不思議なライト・ヴァース。ほんとうのところ、これは何なんだろうと、いぶかりつつ、くりかえし読むに値する言葉。

雲を見ていると
雲を見ている気持ちに気づく
他の気持ちがみんな消え去って
ただ雲だけがある気持ち
(「雲を見ている」部分 2018年11月28日 )

 

publications.asahi.com

www.asahi.com

 

谷川俊太郎
1931 -

参考:

uho360.hatenablog.com

uho360.hatenablog.com

uho360.hatenablog.com

uho360.hatenablog.com

uho360.hatenablog.com

uho360.hatenablog.com

uho360.hatenablog.com

uho360.hatenablog.com