山田克哉『時空のカラクリ 時間と空間はなぜ「一体不可分」なのか』(講談社ブルーバックス 2017)

一般相対性理論の入門解説書。類書よりも丁寧にかみ砕いた解説書になっていると思うのだが、やっぱり素人には何となくしか理解できない。重力によって時空はゆがむ。重力が強いところでは時空がゆがんでいるので、地球のような重力が弱いところから観測した場合は、そこでの時間の進み方は遅くなっている。重力崩壊したブラックホールでは時間がストップしている。ここまでは本文のなかに書いてあることで、これは言葉を変えれば、宇宙の時空にはむらがあり、重力が高いところでは宇宙の誕生からあまり時間が進んでいない空間が存在するということになる、と思うのだがあっているだろうか?(自問) 地球上からの観測で宇宙の誕生は138億年前、観測者は存在できないだろうけれどブラックホールの境界面から内側は宇宙の誕生から時間の経過がより少ない時空になっているのだろう、多分、と思いつつ、また別の本で疑問が解けたらいいかなと本書を読み終える。

巨星から出た光を遠く離れた地球で観測すると、巨星では光の波がゆっくり振動していると観測されます。繰り返しますが、これは時間がゆっくり経過するのと同じことです。重力場の強い空間では、重力場の弱い空間に比べて時間が遅く進むのです。もちろんこれは、比較の問題です。比較の問題であるとは、すなわち相対的であるということで、巨星での時間は地球での時間と比較して相対的に遅れているのです。
(中略)
宇宙規模から見ると、地球の重力(地球がその周囲の空間に作り出す重力場)はきわめて小さく、ゼロに近いといっても過言ではありません。その重力の弱い地球から、このブラックホールのシュワルツシルト地平面が見えるとしましょう。シュワルツシルトの地平面では、重力が地球のそれよりも桁外れに強いので、地球から観測するとシュワルツシルトの地平面では時間がストップしています(時間が経過していない)。
しかし、これもまた「相対的な問題」です。シュワルツシルトの地平面上を(あるいはその際スレスレに)”旅行”している宇宙船内の人にとっては、時間は通常どおりに経過していますし、光速度も秒速30万㎞で変わりません。
(第2章 「重力は時間を支配する――重力と時間のふしぎな関係」p108-111 太字は実際は傍点)

著者は一般相対性理論の「相対性」の部分を何度も読者に喚起しているので、そこは忘れないようにしておこうと思う。
それから、一般相対性理論について理解するためには「リーマン幾何学」と「4次元時空の計量テンソル」が必要ということも教えてくれていて、まあ、私自身は計算自体の理解はこの先もできないだろうが自然言語に翻訳されて解説されている部分については受け入れる準備が出来るように協力していただいたと思っている。

他には、インフレーション時代の宇宙の膨張と原子重力波という話も大変興味深い。

 

目次:
第1章  「時空」の誕生――空間と時間は なぜ一体不可分なのか?
第2章  重力は時間を支配する――重力と時間のふしぎな関係
第3章  重力が重力を消す!?
第4章  重力の正体――それは「時空のゆがみ」だった
第5章  4次元時空とアインシュタインの方程式
第6章  ゆがむ時空の歩き方――測地線とは何か
第7章 宇宙誕生直後の「時空のゆらめき」――138億年前の「原始重力波」とは何か

bookclub.kodansha.co.jp

 

山田克哉
1940 -

 

ティーヴン.L・マンリー『アメリカ最優秀教師が教える 相対論&量子論 はじめて学ぶ二大理論』(原書2009, 講談社ブルーバックス2011)

アメコミ風味の相対論・量子論の紹介書。他の本を読むための準備運動とか、息抜きの並走書として読むくらいがちょうどよい。それでも10章、11章の量子の世界と宇宙についての文章は、単独でも読みごたえがあるものだった。

量子力学では、粒子を、不確定性原理電荷の保存などの物理法則が許す、あらゆる可能性の総和と見なします。したがって、量子の世界では、電子は小さなビー玉みたいなものではなく、短すぎて観測できない時間のあいだに出現しては消え去る「仮想粒子」の、ぼやけた雲のようなものとして捉えます。
(第10章「量子の世界にあふれる奇妙さ」p169)

そのほか、物理現象そのものをイラスト化している部分は、アメコミ風ギャグのイラストの時と違って、イメージ形成にけっこう役に立つ。


目次:
第 1章 科学はどのようにして進むのか
第 2章 空間と時間とショッピング
第 3章 特殊相対性理論の誕生
第 4章 時間の遅れを計算する
第 5章 ついに登場「E=mc2」って何だっけ?
第 6章 時空は歪む――一般相対性理論
第 7章 相対性理論における光
第 8章 量子力学における光
第 9章 物質とは何か
第10章 量子の世界にあふれる奇妙さ
第11章 宇宙はどこまでわかったのか

bookclub.kodansha.co.jp

文:スティーヴン.L・マンリー
絵:スティーヴン・フォーニア
訳:吉田三知世

 

新・世界現代詩文庫⑤ アウレリオ・アシアイン+鼓直+細野豊 編訳『現代メキシコ詩集』(土曜美術出版社 2004)

振り切れないなあ、と思って読んでいるうちに、けだるさにひたるという読み方に転換。ぬるめの炭酸をだらだら飲んでいるゆるくて安い無益なとらわれのない時間への感度を上げて読む。1919年生まれのアリ・チュマセーロから生まれの早い順に掲載されているようで、読み方の順番を変えれば、また違った印象にもなることに気づいてもいるが、それはまた今度の再読のときに期待として残しておく。編者でもあるアウレリオ・アシアインやコラル・ブラーチョ、フランシスコ・セゴビアなどはすがすがしさを感じさせる系統の詩人で、作品も相対的に優れているような気がするが、今回は脇役。

全体的には、記憶喪失気味のハイエナがメキシコの山やブッシュをうろついているような印象。とりあえずそれほど腹を空かしているわけではないが、じっとしていられないような様子で、知らないうちにうなり声が低くもれてしまっている気持ち悪さをおさえている抑制感がにじんでいるような作品が多い。けだるい小走りがずっとつづく。日が落ちて涼しくなったら茂みのなかで浅い眠りをねむる。大げさな狩りは行わない。

ルイス・イグナシオ・エルゲーラ(三角明子訳)

ポーン

これだけ。
盤上でポーンを動かす
他になし。
ポーンd4。
対戦者はなく。
倦怠が相手。
不確実性が相手。
懸念が相手。
無限が相手。
無が相手。

 

 

辺境というか周辺地帯で生きていることの余韻のようなものがなんとなく伝わる。


収録詩人 37名
アリ・チュマセーロ
ルヘン・ボニファス・ヌーニョ
ハイメ・サビーネス
トマス・セゴビア
エドゥアルド・リサルデ
ウラルメ・ゴンサーレス=デ=レオン
マルコ・アントニオ・モンテス=デ=オカ
ガブリエル・サイー
ヘラルド・デニー
ホセ・カルロス・ベセーラ
セルヒオ・モンドラゴン
ホセ・エミリオ・パチェーコ
オメーロ・アリディヒス
エルサ・クロス
アランシスコ・エルナンデス
アントニオ・デルトーロ
ダビー・ウエルタ
アンバル・バスト
アドルフォ・カスタニョン
コラル・ブラーチョ
アルベルト・フランコ
ホセ・ルイス・リバス
マヌエル・ウラシア
ファビオ・モラビト
ハイメ・モレーノ・ビリャレアル
カルメン・ボウリョーサ
ホルヘ・エスキンカ
フランシスコ・セゴビア
テディ・ロペス=ミルス
アルバ・フローレス
アウレリオ・アシアイン
アナ・ベレン・ロペス
エドゥアルド・バスケス=マルティン
ルイス・イグナシオ・エルゲーラ
フリオ・トルヒーリョ
ルイヒ・アマーラ
マリーア・バランダ

 

土曜美術出版社 新・世界現代詩文庫
https://userweb.vc-net.ne.jp/doyobi/new_sekaiden.html

 

吉増剛造『我が詩的自伝 素手で焔をつかみとれ!』(講談社現代新書 2016)

詩人吉増剛造の自分語りを同じく詩人の林浩平が聞き手となって文字起こしした一冊。詩人の誕生から、出版時点での最新作『怪物君』までの全体像を見て取ることができる。「疾走詩篇」(『黄金詩篇』収録)などの勢いのある詩を書いていた40歳くらいまでの作品は、個人的には書きすぎているという印象があって、肌に合わないというか関心があまりない日本詩人だったのだが、『熱風』前後からは、読点や改行、ルビや割注、アルファベットやハングル文字、カタカナの多用などにより、引っかかりの多い詩になっていて、これ以降、これは果たして詩なのだろうかという違和感とともに魅力もより感じるようになってきている。普段の語りと詩を読んだときの印象がそれほど変わらないんじゃなかろうかと思わせるところもあり、独特ではあるけれども文学者としていいものかどうか本書を読んでも判断はつきかねている。教祖の御筆先をまつりあげるという趣味はもっていないので、誰かの乾いた批評で詩人の価値を再確認してみたい。吉増剛造は真似しようとしてもうまくいかないだろう典型的な詩人で、詩作品そのものよりも、詩に到達するまでの普段の言葉との関わり方を参考にしたほうがよいと私は思う。

 

詩作するときの精神的な部分が表明されている箇所:

僕の精神というのは、自分でも、臆病で、引きこもりがちで、少し狂的で、「受動的統合失調症」なんて言うけれども、それさえも怪しげな言い方でって、常に何かが立ち上がったときにそれに対する否定精神というのが働くの。否定して、それを逆のほうへもっていこうとする力動。(中略)「詩作」のときのほとんど狂的な志向生成の道にその「否定」が働いていて、ほとんど自分にも「我」は信用が出来ない、「主体」なんてあり得ない、もしかしたら「野放図」といわれても仕方がないような仕草で「詩」の「道」をさがしているのね。
(第五章 「言葉の「がれき」から」p298)

吉本隆明の散文作品をくりかえしカタカナ変換しながら書き写しているなかで感覚にゆらぎが生じたことの表白部分:

吉本隆明さんの『言語にとって美とはなにか』を「怪物君」で写しています。途中からそうなったけれど、平仮名漢字まじりの普通の文章をほとんど片仮名で写しています。それから横文字は平仮名に逆にしてやってる。そうすると、石川九楊さんが言った「筆触」なんていう以前に、惑乱が不断に生じるのよ、書き写しているときにね。(p282)
(中略)
最初は、こんなばかなこと、と思ってたのに、何かすごい宝の山だなあ。何かこう新しい蟲になったような感じでさ(笑)。「文字の蟲」になるというのよりも、蟲さんたちの運動本能に似たもの(反応)をヒトの本能にもみいだしながら、もっとヒトの行動、……「行動」というよりも僕はほとんど無意識に「仕草」「挙動」という言葉を使うのですが、そう、振舞い、舞いに近いような「仕草」「挙動」を筆記に持ちこもうとする不断のこころみのことですね。(p301)

各章の扉にカタカナ変換された吉本隆明の文章のノート・原稿の写真がつかわれていて、それを見るためにだけでも本書は手に取ってみる価値はある。蟲になった吉増剛造の感覚の痕跡が残った、噛み傷のような、蟲食いの平面がもたらす衝撃。

 

目次:
第一章 「非常時」の子
第二章 詩人誕生
第三章 激しい時代
第四章 言葉を枯らす、限界に触わる
第五章 言葉の「がれき」から

bookclub.kodansha.co.jp

吉増剛造
1939 -
林浩平
1954 -

 

【雑記】たてよみあくび

あきれかえるほどのこだいからうけついできているのは
くもなくふかくからだほりおこしてはふくらませている
びっくりするほどしんたいゆういのひとつづきのじかん

野口米次郎「梅の老木」(『沈黙の血汐』 1922 より )

梅の老木


薄墨色の空を白く染め抜く梅の老木、
私の霊もお前のやうに年老いて居る。
お前の祈禱に導かれて
(お前は単に人を喜ばせる花でない、)
私も高い空に貧しい祈禱を捧げる、
言葉のない喜悦の祈禱を。
お前は形態の美を犠牲にして香気を得た、
花としてお前は、進化の極点に達したものだ……
お前は力の節約から得た充実を完全に表象して居る。
私は昔菅原道真がお前を歎美したやうに、
お前の前に尊敬を捧げる。
百年前のお前も、五百年前のお前も、
乃至は千年前のお前も、
今日のお前とたいした相違がなかつたであらうと思ふと、
如何に徐々と進化がお前の上に働いたかに驚かざるをえない。
私の霊に於いてもお前と同様だ……
私は幾千年間この地上に生きて来たか知れやしない。
お前の風に揺れる白い花弁を見ると、
私の忘れられた追憶の幽霊が
無終の波の表から漣のやうに目覚めるやうに感ずる。
若し私が花であるならば、お前となつてこの庭を飾るであらう、
若しお前が人間であるならば、私となつてこの書斎に坐るであらう。
お前と私は存在の形は異つて居るが、
等しく単純で真実な一表現に過ぎない。
お前が花咲いて一陽来復を語る態度に、
なんたる凛とした大胆さがあるだらう。
もし私になにかの快活があるとしたならば、
年取つた私の霊の幹から白く笑ふ梅花一枝の快活であらう。

 

(『沈黙の血汐』 1922 より )

 

野口米次郎
1875 - 1947
 
野口米次郎の詩 再興活動 No.041

 

クリフォード・ピックオーバー『ビジュアル 数学全史 人類誕生前から多次元宇宙まで』(原書2009, 岩波書店2017)

図書館が再開して、自分では購入して保有してはおけない大型本に接することができるようになった。

「紀元前1億5000万年ころ アリの体内距離計」、「紀元前3000万年ころ 数をかぞえる霊長類」からはじまって、「2007年 例外型単純リー群E8の探求」、「2007年 数学的宇宙仮説」まで、全250篇の編年体数学エッセイ。16世紀あたりからの加速がめざましい。答えのない問題に熱狂的に取り組むどちらかといえば富裕層中心の娯楽としての数学という印象が浮いて来る。道具として役に立つかどうかという発想はほとんどないにもかかわらず、後年有効利用の道が出てくる法則の数々を見ていくと、効率や成果ばかり重視したときの学問のスケールの縮小ということも気になってくる。税金が使われているからといって大学以降の研究に効率や成果ばかりもとめてはいけないような気にもなってきた。50年、100年先に花ひらく何かが含まれているかも知れないのだから。

SE兼プログラマという職業柄気になったのは「1963年 ラウムのらせん」(204番目:p204)、「1972年 最初の関数電卓 HP-35」(215番目:p204)。電子計算機という新しい道具がもたらした計算力の増大によって世界の景色が変わり、計算機の新しい機能に数学の発見が重なってまた新たな解析能力を生み出しているというところが素晴らしい。以下は、素数の出現パターンを二次元平面上に描出させたラウムに関する記事。

おそらくパターンの発見よりも重要なことは、コンピュータを一種の顕微鏡として利用して構造を視覚化し、新たな定理を生み出せる可能性が、このラウムのシンプルな実演によって明示されたことだ。1960年代初頭に行われたこの種の研究は、20世紀末の実験数学の爆発的な発展をもたらした。

 こうした記事は、スピードアップされ解析能力が高まった世界のいい側面を見せてくれてうれしい。

 

250の記事の中、日本人が出てくるのは3件だろうか?
「1789年ころ 算額幾何学」(p91)の藤田貞資、「1979年 池田アトラクター」(p226)の池田研介、「1985年 ABC予想」(p234)の望月新一。内容はよくわからないが私はカオス系力学の業績という「池田アトラクター」に魅かれる。

アトラクターとは、ある程度の時間が経過した後に力学系がそこへ向かって収束する、あるいは発展してゆく集合だ。「たちの良い」アトラクターの場合、初期状態で接近していた点は、アトラクターに迫ってもまとまりを保つ。ストレンジアトラクターの場合、初期状態で隣接していた点が、最終的には大きく異なる軌道をたどることになる。つむじ風のなかの木の葉のように、それらがどこへ行くのかを初期位置から予測することは不可能なのだ。

力学系ストレンジアトラクター。その後に「レスラー写像」なんて言葉もでてきたりするので、もうプロレス記事を読んでいるようなノリになってしまった。しかもお名前がケンスケさんだなんて。ストレンジアトラクター北斗晶ノーザンライトボム(北斗ボム)しかもう頭には浮かんでこない。YouTubeは無限閲覧してしまうので手は出さない。ウィキペディアを読み、北斗姉さんの現役時代を思い出しながらすこしじんわりした。池田研介さん。ごめんなさい。決してバカにしているわけではありません。

 

クリフォード・ピックオーバー『ビジュアル 数学全史 人類誕生前から多次元宇宙まで』(岩波書店)
https://www.iwanami.co.jp/book/b285215.html

クリフォード・ピックオーバー
1957 -
池田研介
1949 -
根上生也
1957 -
水原文
?
北斗晶
1967 -